東京の仲介手数料半額・仲介手数料無料の物件情報 > 株式会社RENOLAZEのブログ記事一覧 > メゾネットマンションをリノベーション!間取りはどう変える?

メゾネットマンションをリノベーション!間取りはどう変える?

≪ 前へ|マンションのリノベーションで床下収納は造れる?収納スペースの施工例は?   記事一覧   室内の印象を変える床リノベーションに人気の素材とは?|次へ ≫

メゾネットマンションをリノベーション!間取りはどう変える?

皆さんは、メゾネットの家に住んだことがありますか?

メゾネットタイプとは、マンションの居室内に階段があり、集合住宅でありながら戸建て物件のような雰囲気があり、双方のいいとこ取りとも言えるタイプの住宅です。

ここでは、メゾネットタイプのメリットとデメリット、また購入後にリノベーションする場合の注意点をまとめてみましょう。


メゾネット

 

メゾネットのメリット


生活音に気を遣うストレスが大きく軽減されるのは、メゾネットタイプのメリットの一つです。

特に、小さな子どもがいる場合は上階で遊ばせておくことで、下の階の住民とトラブルになるリスクが大きく軽減されます。

 

また個室の数を多く取りやすく、プライベートを確保しやすくなります。

在宅ワークなどで自宅を仕事場としても使っている場合、上下階があることで仕事とプライベートの区別をつけやすくなります。

開放感があるリビングの吹き抜けもメゾネットならではの魅力です。

らせん階段も多く用いられ、デザイン性の高い物件が多いのも特徴の一つです。

 

メゾネットのデメリット


吹き抜けの開放感は魅力的なのですが、そのために空調のコストが通常よりもかかってしまうのがデメリットになります。

密閉性が低いことと、冷気は下へ、熱は上へ滞留しやすい性質があることが主な要因です。

上下階の温度差は結露の原因になりやすいので、窓をペアガラスや二重サッシにする必要があります。

 

また間取りによっては、洗濯機と物干しスペースが違う階にあって洗濯物を持って階段を登らなければならない場合があります。

動線の悪さは住みにくさにつながるので、メゾネットをリノベーションする場合は、家族が家の中でどんな行動を取っているか思い出しながら、設計を考えましょう。

そして、天井の照明器具を交換するときや窓の上の清掃、カーテンの開け閉めにも注意が必要です。

 

メゾネットのリノベーション


メゾネットタイプのマンションを購入してリノベーションした事例を見ると、本来必要な部屋数より多い物件を購入して、間取りを変更して広い部屋を造ることが多いようです。

水回りや空調、内装のリニューアルといった基本的な部分も含めて、予算を見積もる必要があります。

予算や立地、広さ、そしてどの程度のリノベーションをするかなどを考慮して、物件を選択しましょう。


リノベーション

 

まとめ


マンションに住んでいながら、一戸建てに住んでいる感覚も味わえるメゾネットは、「マイホームを買うならどっちにしよう?」と迷っている方にもおすすめです。

メゾネットタイプの中古マンション探しや、購入後のリノベーションをご希望の方は、RENOLAZEまでぜひお気軽にお問い合わせください

≪ 前へ|マンションのリノベーションで床下収納は造れる?収納スペースの施工例は?   記事一覧   室内の印象を変える床リノベーションに人気の素材とは?|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

  • 売却
  • スタッフ紹介
  • リノレイズについて
  • 売る
  • 買う
  • お客様の声
  • 周辺施設検索
  • アクセスマップ
  • お問い合わせ
  • KEIAIサイトへ
  • 会社概要

    会社概要
    株式会社RENOLAZE
    • 〒160-0004
    • 東京都新宿区四谷4丁目28-20
      パレ・エテルネル 403
    • TEL/03-6820-9188
    • FAX/03-6820-9189
    • 東京都知事 (2) 第97725号
  • モバイルサイト
  • SSL

    本ページは、SSL技術によって暗号化し、入力情報を保護しています。

トップへ戻る

  • LINEで簡単お問合せ