東京の仲介手数料半額・仲介手数料無料の物件情報 > 株式会社RENOLAZEのブログ記事一覧 > 定期借地権付き中古マンションの売却で気をつけたいポイントは?

定期借地権付き中古マンションの売却で気をつけたいポイントは?

≪ 前へ|小・中学生に一人1台タブレットを貸与!渋谷区が導入しているICT教育とは?   記事一覧   中古マンション売却する時 床のリノベーションはするべき?|次へ ≫

定期借地権付き中古マンションの売却で気をつけたいポイントは?

定期借地権付きのマンションは、新築でも安価に購入できることで人気を集めています。

 

しかし、売買する場合には、気をつけたいポイントがいくつかあるのです。

 

今回は、定期借地権付き中古マンションの売却を検討している方に向けて、売却時に知っておきたいポイントをご紹介します。


定期借地権付きマンションの売却① 定期借地権付きマンションとは?


定期借地権付き中古マンションの売却方法


定期借地権とは、期限付きで土地を賃貸借する権利のことです。

 

そのため、定期借地権付きの建物は、契約期限が来たら無条件で土地を返還しなければなりません。

 

契約期間は一般的に5072年となっていますが、期限満了後には更地にして、土地の所有者に返還することになります。

 

所有権マンションと比べると8割ほどの価格で購入できることや、固定資産税を払う必要がないこと、大手デベロッパーも積極的に手がけていることなどから、人気が集まっています。


定期借地権付きマンションの売却② 売却するなら、極力早く行うのがカギ


定期借地権付きの中古マンションを売却する場合、その価値は借地権の残存期間で決まります。

 

普通のマンションの場合は土地+建物で価値が決まるため、景気によって土地の価格が上がり、中古であっても価格が上昇する可能性があります。

 

しかし、借地権付きの建物は土地の価値が加味されないため、基本的に価格は下がっていくだけなので、早く売ることが何よりも大事なポイントとなるのです。


定期借地権付きマンションの売却③ 定期借地権の残存期間に注意


定期借地権付きの場合、「借地」ということで担保価値が低くなるため、住宅ローンにも多少の制限があります。

 

金融機関によっては、「ローン返済終了後に借地権の残存期間が10年以上あること」を条件にしているところもあります。

 

そのため、借地権の残存期間によっては、住宅ローンの借入期間が短くしか設定できなくなるため、買い手が付きにくくなることが予想されます。


定期借地権付き中古マンションの売却方法


定期借地権付きマンションの売却④ 売却の際には、地主の許可が必要


定期借地権付き中古マンションを売却する際には、借地人が地代を払っていけるかどうかも重要となるため、地主の承諾を得てから行う必要があります。

 

承諾なしに売却した場合は、借地契約を解除されてしまう可能性もあるので、注意しましょう。


まとめ


定期借地権付き中古マンションの売却を検討している場合は、借地権の契約期限までより長い方が、スムーズに売れる可能性も高くなります。

 

年数が経つほどにどんどん価値は下がってしまうので、早めに決断して行動するようにしましょう。

 

私たち株式会社RENOLAZEでは、中古マンションの売買や無料売却査定も行っております。

 

中古マンションの売却でお悩みの方は、お気軽にご相談くださいませ。

≪ 前へ|小・中学生に一人1台タブレットを貸与!渋谷区が導入しているICT教育とは?   記事一覧   中古マンション売却する時 床のリノベーションはするべき?|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

  • 売却
  • スタッフ紹介
  • リノレイズについて
  • 売る
  • 買う
  • お客様の声
  • 周辺施設検索
  • アクセスマップ
  • お問い合わせ
  • KEIAIサイトへ
  • 会社概要

    会社概要
    株式会社RENOLAZE
    • 〒160-0004
    • 東京都新宿区四谷4丁目28-20
      パレ・エテルネル 403
    • TEL/03-6820-9188
    • FAX/03-6820-9189
    • 東京都知事 (2) 第97725号
  • モバイルサイト
  • SSL

    本ページは、SSL技術によって暗号化し、入力情報を保護しています。

トップへ戻る

  • LINEで簡単お問合せ