東京の仲介手数料半額・仲介手数料無料の物件情報 > 株式会社RENOLAZEのブログ記事一覧 > コンクリート打ちっぱなし建物のメリット・デメリットとは

コンクリート打ちっぱなし建物のメリット・デメリットとは

≪ 前へ|費用はいくら?中古マンションのトイレ移動    記事一覧   ペントハウスとは?中古マンション選びに高級感という選択|次へ ≫

コンクリート打ちっぱなし建物のメリット・デメリットとは

近年、あえてコンクリートの表面をそのまま残す、コンクリート打ちっぱなしの建物が人気を集めています。

 

モダンで都会的な雰囲気が魅力のコンクリート打ちっぱなしですが、光熱費が高くなるなどのデメリットもあります。

 

今回は、コンクリート打ちっぱなしのメリット・デメリットをご紹介します。

 

コンクリート打ちっぱなしの特徴1 メリット


メリット


1      間取りの自由度が高い

 

柱で建物を支える構造の場合、柱を取り払えないので、リノベーションする際に間取り変更を制限されます。

 

しかし、コンクリート打ちっぱなしはコンクリートで建物を支えており、柱で支えていないため、ある程度は自由に間取りを変更できます。

 

2      耐火性と防音性が高い

 

コンクリート打ちっぱなしは、コンクリートで覆われていることから耐火性が高く、火災保険料も安くなります。

 

また、防音性も高いので、音楽ルーム・ホームシアターなど、音楽環境を整えたい人にもおすすめです。

 

コンクリート打ちっぱなしの特徴2 デメリット


1      カビが発生しやすい

 

コンクリートは吸水性が高い物質なので、結露対策をしていないと、カビが生えやすい状態になってしまいます。

 

購入前に結露対策をしているか確認し、対策されている場合でも換気に気を配り、風通しを良くすることが大切です。

 

2      外気に影響されやすい

 

コンクリート打ちっぱなしは、熱伝導率が高いため、夏は熱気を吸収して暑くなりやすく、冬は冷気を吸収して冷たくなりやすくなります。

 

クーラーや暖房の効きが良くないのに加え、ほかの工法に比べると光熱費も割高になるので、注意が必要です。

 

コンクリート打ちっぱなしの特徴3 インテリア案


インテリア


コンクリート打ちっぱなしは、無機質な空間になりがちですが、リノベーションで床をフローリングにすると、暖かみのある空間になります。

 

また、個性的な照明器具や、観葉植物などのインテリアを配置すると、おしゃれなカフェ風の内装になります。

 

コンクリートの質感を活かし、モダンな雰囲気にしたい場合は、シンプルなモノトーンカラーのインテリアで統一すると良いでしょう。

 

まとめ


以上、コンクリート打ちっぱなしのメリット・デメリットをご紹介しました。

 

希望の間取りで、おしゃれな内装にリノベーションできるのがコンクリート打ちっぱなしの魅力ですが、デメリットもあります。

 

最近は、多様な結露対策や断熱対策が提供されているため、リフォーム会社に施工方法を相談すると良いでしょう。

 

RENOLAZEでは、東京都を中心に多数のリノベーションに適した中古マンションをご紹介しております。

 

当社webサイトにリノベーションの事例やプランもございますので、どうぞお気軽にお問い合わせください。

≪ 前へ|費用はいくら?中古マンションのトイレ移動    記事一覧   ペントハウスとは?中古マンション選びに高級感という選択|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

  • 売却
  • スタッフ紹介
  • リノレイズについて
  • 売る
  • 買う
  • お客様の声
  • 周辺施設検索
  • アクセスマップ
  • お問い合わせ
  • KEIAIサイトへ
  • 会社概要

    会社概要
    株式会社RENOLAZE
    • 〒160-0004
    • 東京都新宿区四谷4丁目28-20
      パレ・エテルネル 403
    • TEL/03-6820-9188
    • FAX/03-6820-9189
    • 東京都知事 (2) 第97725号
  • モバイルサイト
  • SSL

    本ページは、SSL技術によって暗号化し、入力情報を保護しています。

トップへ戻る

  • LINEで簡単お問合せ