東京の仲介手数料半額・仲介手数料無料の物件情報 > 株式会社RENOLAZEのブログ記事一覧 > ビルトインエアコンとは?マンションのリノベーションで検討してみよう!

ビルトインエアコンとは?マンションのリノベーションで検討してみよう!

≪ 前へ|下町文化が楽しめるおでかけスポット谷根千エリアとは?   記事一覧   キッチンリフォームではどのビルトインコンロを選ぶ?ガスとIHの違い|次へ ≫

ビルトインエアコンとは?マンションのリノベーションで検討してみよう!

マンションをリノベーションするなら、床や壁紙を綺麗にするのはもちろん、設備にもこだわりたいですよね?

 

最近、業務用として使用されている「ビルトインエアコン」という空調が、家庭用タイプとしても販売されていることをご存じでしょうか?

 

そこで今回は、マンションをリノベーションする際にご検討いただきたい「ビルトインエアコン」とは何かについて詳しくご紹介いたします!


ビルトインエアコンとは?マンションのリノベーションで検討してみよう!


マンションをリノベーションする際に検討したいビルトインエアコン

 

ビルトインエアコンとは、天井に埋め込まれた空調のことをいい、オフィスや商業施設・ホテルなどに普及しています。

 

一般的には壁に取り付け式のエアコンを設置しているご家庭が多いと思いますが、天井にエアコンを埋め込めば余計なスペースを取らずに部屋をスッキリ見せることができるので、ご家庭にも取り入れる方が増えてきています。

 

価格は10万~70万円ほどかかるので、やはり取り付け式のエアコンに比べると割高になってしまいます。

 

では、ビルトインエアコンにはどのようなメリットや注意点があるのでしょうか?

 

マンションのリノベーションで検討したいビルトインエアコンのメリットや注意点


マンション リノベーション ビルトインエアコン


ビルトインエアコンを設置するメリットと注意点をご紹介いたします。

 

<メリットとは?>

 

ビルトインエアコンは複数台を設置しても室外機は1つで対応できることや、部屋の真ん中にも設置できるので広い部屋でも効率的にエアコンを効かせられるのがメリットです。

 

先ほども少しご紹介したように、部屋をスッキリ見せることができるので、インテリアを楽しみたい方や生活感を出したくないという方にもおすすめです。

 

<注意点とは?>

 

ビルトインエアコンを設置するためには、新たに冷媒管やドレンホースを通す穴を壁にあける必要があります。

 

マンションだと外壁は共有部分となるため、リノベーションをする場合は管理組合の許可が必要になるのが注意点です。

 

また、まだあまり普及していない設備なので、商品の種類が少ないことやメンテナンスが大変という注意点もあります。

 

まずはじっくりと検討し、設置する場合は事前に管理組合に相談するようにしましょう。

 

まとめ

 

以上、マンションをリノベーションする際にご検討いただきたい、ビルトインエアコンとは何かについてご紹介いたしました。

 

このタイプのエアコンは広い部屋でも効率的にエアコンを効かせられるため、近年の猛暑続きの夏場にも活躍する設備です。

 

しかし、マンションでは管理組合から許可が得られず設置できないこともあるので、よく検討し周りの理解が得られてからリノベーション作業を進めましょう!


私たちRENOLAZEでは、東京都を中心としたエリアで中古マンションを多数ご紹介しています。

 

マンション購入をご検討中の方は、ぜひ当社へお問い合わせください。

≪ 前へ|下町文化が楽しめるおでかけスポット谷根千エリアとは?   記事一覧   キッチンリフォームではどのビルトインコンロを選ぶ?ガスとIHの違い|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

  • 売却
  • スタッフ紹介
  • リノレイズについて
  • 売る
  • 買う
  • お客様の声
  • 周辺施設検索
  • アクセスマップ
  • お問い合わせ
  • KEIAIサイトへ
  • 会社概要

    会社概要
    株式会社RENOLAZE
    • 〒160-0004
    • 東京都新宿区四谷4丁目28-20
      パレ・エテルネル 403
    • TEL/03-6820-9188
    • FAX/03-6820-9189
    • 東京都知事 (2) 第97725号
  • モバイルサイト
  • SSL

    本ページは、SSL技術によって暗号化し、入力情報を保護しています。

トップへ戻る

  • LINEで簡単お問合せ