東京の仲介手数料半額・仲介手数料無料の物件情報 > 株式会社RENOLAZEのブログ記事一覧 > ディスポーザー付きのマンションを購入するメリット・デメリットとは?

ディスポーザー付きのマンションを購入するメリット・デメリットとは?

≪ 前へ|マンション購入希望の方必見!住み心地の良さは天井高で決まる?   記事一覧   不動産購入時に引き渡し日の遅延が発生したら?その責任や損害金について解説|次へ ≫

ディスポーザー付きのマンションを購入するメリット・デメリットとは?

ディスポーザー付きのマンションを購入するメリット・デメリットとは?

生ゴミを粉々にしながら下水へ流せるキッチン設備を「ディスポーザー」といいます。
最近ではディスポーザーを採用したマンションも増えており、住まいの購入を検討されている方のなかには、ディスポーザーの必要性について迷われている方もいらっしゃるでしょう。
そのような方々に向け、今回はディスポーザーのメリットとデメリットをそれぞれくわしく解説します。
物件選びの際に、ぜひ参考にしてください。

弊社へのお問い合わせはこちら

ディスポーザー付きマンションを購入するメリットとは?

生ゴミの処理をうっかり忘れ、においやコバエに悩まされた経験がある方も少なくないでしょう。
特に夏場はゴミ出し日までの数日間でも悪臭が漂います。
調理後すぐにその場で生ゴミを処理できるディスポーザーのもっとも大きなメリットは、そういった生ゴミによる悪臭や害虫の発生を防げることです。
また、生ゴミネットをいちいち取り替える必要がなくなるうえ、排水口のぬめりやカビの発生も抑えられます。
毎日のキッチン掃除が楽になることで家事の時短にもつながるでしょう。
また、生ゴミを焼却処分するのに比べ、環境への負荷が少ない点もメリットの1つです。

ディスポーザー付きマンションを購入するデメリットとは?

ディスポーザーは、環境に配慮しながら快適なキッチン環境を維持できる大変魅力的な設備である一方で、いくつかのデメリットや注意点も持っています。
たとえば、維持費用がかかるため、ディスポーザーが付いていないマンションと比較し、管理費がやや高い傾向にあります。
加えて、水道代や電気代も幾分高くなってしまうでしょう。
さらに、詰まりやにおいを防ぐには高圧洗浄の実施など、定期的なメンテナンスが欠かせません。
製品や処理物によっては、処理する際に大きな音や振動が出る可能性があるため、早朝や深夜の利用には十分注意が必要です。
また、なんでもかんでも流せるわけではありません。
貝殻や肉の骨、ビニールやたばこの吸い殻、プラスチックやガラスなどは、詰まりや故障の原因となるため、流すことは絶対にお止めください。
衛生的に長く利用するためにも、メーカーが推奨する使用方法に従って利用することが大切です。

まとめ

ディスポーザーは、生ゴミ処理に関する悩みを一気に解消する大変優れたキッチン設備です。
きっと快適な暮らしをサポートしてくれるでしょう。
ご紹介したようなデメリットや注意点があることも忘れずに注意しながら、ディスポーザー付きのマンションを検討してみてはいかがでしょうか。
私たちRENOLAZEでは、東京都を中心としたエリアで中古マンションを多数ご紹介しています。
マンション購入をご検討中の方は、ぜひ当社へお問い合わせください。
住まいをお探しの方はこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

≪ 前へ|マンション購入希望の方必見!住み心地の良さは天井高で決まる?   記事一覧   不動産購入時に引き渡し日の遅延が発生したら?その責任や損害金について解説|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

  • 売却
  • スタッフ紹介
  • リノレイズについて
  • 売る
  • 買う
  • お客様の声
  • 周辺施設検索
  • アクセスマップ
  • お問い合わせ
  • KEIAIサイトへ
  • 会社概要

    会社概要
    株式会社RENOLAZE
    • 〒160-0004
    • 東京都新宿区四谷4丁目28-20
      パレ・エテルネル 403
    • TEL/03-6820-9188
    • FAX/03-6820-9189
    • 東京都知事 (2) 第97725号
  • モバイルサイト
  • SSL

    本ページは、SSL技術によって暗号化し、入力情報を保護しています。

トップへ戻る

  • LINEで簡単お問合せ