東京の仲介手数料半額・仲介手数料無料の物件情報 > 株式会社RENOLAZEのブログ記事一覧 > 不動産売却の長期化は不利?デメリットと対処法をご紹介!

不動産売却の長期化は不利?デメリットと対処法をご紹介!

≪ 前へ|限界マンションの定義とは?築年数はどれくらい?   記事一覧   マンションの1階は売却しにくい?売れない理由と高く売る方法を解説!|次へ ≫

不動産売却の長期化は不利?デメリットと対処法をご紹介!

不動産売却の長期化は不利?デメリットと対処法をご紹介!

所有している不動産を売却しようと考えたとき、たとえ時間がかかったとしても希望の価格で売りたいと考えるかもしれません。
しかし、実は不動産の売却は、長期化すればするほど売り手にとって不利な状況になってしまうことがあるのです。
今回は、不動産売却が長期化することによって起こるデメリットと対処法についてご紹介します。

弊社へのお問い合わせはこちら

不動産売却が長期化することによるデメリット

不動産売却が長期化すればするほど、物件の維持費用はかかり続けてしまいます。
不動産を高価格で売却するためには、状態を保たなければなりません。
そのため、売却が長期化するほど価格は自然に下がってしまうものなのです。
また、不動産の資産価値は年を経るごとに下がってしまう傾向があります。
そのため、売却が長期化するほどに価格は自然に下がってしまうものなのです。
さらに、売りに出した当初は新築物件だったとしても、不動産は売り出しから1年後には自動的に中古物件という扱いになってしまうのです。
中古市場と新築市場では、価格に大きな差があるため、中古物件の扱いとなってしまうこと自体が大きなデメリットと言えます。
これにくわえ、不動産は売却が成立するまで固定資産税などの経費がかかり続けてしまうため、売却価格にこだわりすぎてしまうと損をすることになりかねません。

不動産は早めに売却を!長期化させない対処法とは?

不動産売却を長期化させないためには、まずは適正価格を知る必要があります。
不動産に見合った価格設定にすることによって、スムーズに売却できる可能性があるのです。
また、掃除などをできる限りきちんと行い、見栄えの良い状態で広告に出すという対処法もあります。
さらに、内覧の際にも部屋の状態がきれいかどうかは重視されやすいポイントですので、売却が成立するまではこまめな掃除が必要です。
これらにくわえ、できる限り需要が増えるタイミングで不動産を売り出すことで、物件が早く売れる可能性が高まります。
一般的に、物件の適切な売り出し時期は9月~10月ごろと言われています。
4月に新生活を始めるために、その時期から物件を探す人が増えることがその理由です。
不動産を売りに出すのであれば、できる限りその時期に合わせると入居希望者が早く見つかるかもしれません。
また、信頼できる不動産会社を選ぶほか、場合によっては不動産会社に買い取ってもらうなどの対処法も考えておくといいでしょう。

まとめ

不動産売却は、長期化すればするほど維持費用や固定資産税などがかかるほか、不動産自体の価格も下がってしまいます。
そのため、適正価格を意識し、入居希望者が増えるタイミングで売りに出すなど、長期化させない対策をとる必要があるのです。
私たちRENOLAZEは、東京都内でマンション売却を承っております。
売却をご希望の際は、ぜひお問い合わせください。
弊社へのお問い合わせはこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

≪ 前へ|限界マンションの定義とは?築年数はどれくらい?   記事一覧   マンションの1階は売却しにくい?売れない理由と高く売る方法を解説!|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

  • 売却
  • スタッフ紹介
  • リノレイズについて
  • 売る
  • 買う
  • お客様の声
  • 周辺施設検索
  • アクセスマップ
  • お問い合わせ
  • 会社概要

    会社概要
    株式会社RENOLAZE
    • 〒160-0004
    • 東京都新宿区四谷4丁目28-20
      パレ・エテルネル 403
    • TEL/03-6820-9188
    • FAX/03-6820-9189
    • 東京都知事 (2) 第97725号
  • モバイルサイト
  • SSL

    本ページは、SSL技術によって暗号化し、入力情報を保護しています。

トップへ戻る

  • LINEで簡単お問合せ