東京の仲介手数料半額・仲介手数料無料の物件情報 > 株式会社RENOLAZEのブログ記事一覧 > 最近注目を集めるリノベーション方法『セレクト型』とは何?

最近注目を集めるリノベーション方法『セレクト型』とは何?

≪ 前へ|23区近郊でマンションを購入するなら小金井市で暮らしませんか?   記事一覧   専有面積50平米でも諦めない!リノベーションで叶う理想の暮らし|次へ ≫

最近注目を集めるリノベーション方法『セレクト型』とは何?

購入済の中古マンションをリノベーションすることの楽しみといえば、1からご希望を反映させた設計を考えることではないでしょうか。

完成後の我が家を想像しながらプロと相談して決める設計は、理想のマイホーム実現への大切な過程です。

そんなリノベーションで最近注目を集めている方法が、セレクト型です。


セレクト型とは?


リノベーション用の木材


セレクト型とは、建材や設備・パーツなどを全てご自身で選ぶのではなく、ある程度決められたプランから選んでリノベーションを行う方法です。

個人リノベの場合、通常は建築士と相談の上、使用する建材やパーツなどを決めたり、カラーコーディネートなども事細かに決めたりする必要があります。

この方法は、最初から細かくこだわりをお持ちの方には適していますが、ある程度テンプレートがあって、それをベースに決めていく方法が好みの方には少々大変です。

 

その点、セレクト型は数種類のパターンから選んで決めるため、トータルコーディネートがしやすいというメリットがあります。

「素人の私達では、バランスよくコーディネートするのが難しいかも…」と心配される方も、セレクト型であれば理想に近い個人リノベを行うことができるでしょう。


インフィルも選べる


下地をリノベーションする大工


リノベーションを行う場合、建物の構造部分以外でマンションの管理規約に反していないようであれば、インフィルの変更も可能です。

インフィルとは、柱や梁といった建物を支える構造部分ではなく、壁や床・天井など内装にあたる箇所をさします。

この部分は、人の目には見えない下地と見える表面の2層構造で造られており、下地も含めた施工を行うことが可能です。

※壁については、壁式構造で取り払うことができない場合は変更不可。

 

普段は表に出ることがない下地部分の変更は、リノベーションの時くらいしか変更することができません。

住まいの断熱性や遮音性を上げたいとご希望の方は、ぜひリノベーションのタイミングでご希望のインフィルについてご相談下さい。

なお、下地部分のリノベーションについては、床と天井にそれぞれ配管を通しやすいようにスペースを造ると、将来メンテナンスが必要となった時も作業がしやすくなりますよ。


まとめ


ある程度こだわりを取り入れつつ、既存のプランやパーツを上手く組み合わせることで、効率よくリノベーションをすることができるセレクト型。

今後中古マンションのリノベーションをされる予定の方で、決まったプランの中から選んで個人リノベを行いたいと考える方は、ぜひセレクト型を選択してみませんか。

中古マンションのリノベーションに関するご相談は、RENOLAZEまでぜひお寄せください。

≪ 前へ|23区近郊でマンションを購入するなら小金井市で暮らしませんか?   記事一覧   専有面積50平米でも諦めない!リノベーションで叶う理想の暮らし|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

  • 売却
  • スタッフ紹介
  • リノレイズについて
  • 売る
  • 買う
  • お客様の声
  • 周辺施設検索
  • アクセスマップ
  • お問い合わせ
  • 会社概要

    会社概要
    株式会社RENOLAZE
    • 〒160-0004
    • 東京都新宿区四谷4丁目28-20
      パレ・エテルネル 403
    • TEL/03-6820-9188
    • FAX/03-6820-9189
    • 東京都知事 (2) 第97725号
  • モバイルサイト
  • SSL

    本ページは、SSL技術によって暗号化し、入力情報を保護しています。

トップへ戻る

  • LINEで簡単お問合せ