【TOP】東京リノベーションマンション情報 > 株式会社RENOLAZEのブログ記事一覧 > 住宅をフルローンで購入できるのか?その際のメリットデメリットとは?

住宅をフルローンで購入できるのか?その際のメリットデメリットとは?

≪ 前へ|見学もできる!中野のキャンディショップ「パパブブレ」   記事一覧   新築同様の住み心地?フルリノベーションのメリットデメリット|次へ ≫

住宅をフルローンで購入できるのか?その際のメリットデメリットとは?

少し前までは住宅を購入する際には物件価格の2割程度の頭金と1割程度の諸費用を自己資金から出すのが一般的な感覚でした。

 

しかし金融緩和政策により、住宅金利は未だかつてないほどに低金利となっています。

 

頭金は十分用意できていないけれど、マイホーム購入に踏み切ろうか迷っている人も多いのではないでしょうか。

 

頭金なし!フルローンで住宅を購入するということ


フルローンのメリットデメリット



フルローンとは頭金なしで住宅購入価格まるまるをローンとして組むことをいいます。

 

更に最近では手数料や登記費用などの諸費用までローンに組み込んでしまうケースも増えています。

 

例えば3000万円の住宅を購入する場合、今までであれば頭金として600万円、諸費用として300万円を用意するのが一般的でした。

 

しかし900万円貯めるというのは、簡単なことではありません。

 

その間に今住んでいる家の家賃の支払いだってしなくてはいけないのです。

 

そういう場合にフルローンは有効な手段の一つと言えるでしょう。

 

しかし誰でもどのような物件にでも組めるのかというと、そうではありません。

 

金融機関は返済者の返済能力以外にも、物件の担保価値もローン審査の対象とします。

 

つまり3000万円の物件に対して2500万円までなら貸せるけど、3000万円は貸せないと判断された場合、フルローンを組むことはできません。

 

特に中古物件などは売買実績や築年数、構造などが複雑に絡んでくるため、担保価値の判定が低くなる可能性もあります。

 

フルローンで住宅を購入するメリットデメリット


メリットデメリット


フルローンで住宅を購入することの一番のデメリットは、月々の返済額が上がってしまうことです。

 

例えば3000万円の物件に2割の頭金と諸経費を自己資金で払った場合とフルローンで購入した場合では返済期間35年で月々24000円も差が出ます。

 

この24000円の増額が負担になるようであれば、フルローンを組むことは危険と判断した方がいいかもしれません。

 

しかしメリットも多くあります。

 

フルローンで住宅購入してしまえばすぐに新居に住めるため、頭金を貯めている間に住む家の家賃を払う無駄がなくなります。

 

また頭金や諸費用に自己資金の全てを支払ってしまうと、急な出費があった際にローン返済が滞ってしまう可能性があります。

 

しかしフルローンにしておくと、貯蓄に少し余裕を持たせておくことが出来ます。

 

頭金を貯めている間に、この低金利のタイミングを逃してしまう可能性もあるかもしれません。

 

まとめ


フルローンの良し悪しの決め手は、必然的に高くなってしまう月々の返済額が自分にとって負担になりすぎないかどうかにあります。

 

自分の返済能力を見極め、よくシュミレーションしてみるようにしましょう。


私たちRENOLAZEでは、東京都を中心としたエリアで中古マンションを多数ご紹介しています。

 

マンション購入をご検討中の方は、ぜひ当社へお問い合わせください。

≪ 前へ|見学もできる!中野のキャンディショップ「パパブブレ」   記事一覧   新築同様の住み心地?フルリノベーションのメリットデメリット|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

  • 売却
  • スタッフ紹介
  • リノベーション事例・プラン
  • リノレイズについて
  • 売る
  • 買う
  • お客様の声
  • 周辺施設検索
  • アクセスマップ
  • お問い合わせ
  • KEIAIサイトへ
  • 会社概要

    会社概要
    株式会社RENOLAZE
    • 〒160-0004
    • 東京都新宿区四谷4丁目28-20
      パレ・エテルネル 403
    • TEL/03-6820-9188
    • FAX/03-6820-9189
    • 東京都知事 (2) 第97725号
  • モバイルサイト
  • SSL

    本ページは、SSL技術によって暗号化し、入力情報を保護しています。

トップへ戻る

  • LINEで簡単お問合せ