【TOP】東京リノベーションマンション情報 > 株式会社RENOLAZEのブログ記事一覧 > 中古マンションを購入する時は配管を気にしよう!寿命や費用を詳しく紹介

中古マンションを購入する時は配管を気にしよう!寿命や費用を詳しく紹介

≪ 前へ|新宿御苑前での予防接種でおすすめの医療機関!気軽に立ち寄れる病院を紹介   記事一覧   港区赤坂の住みやすさとは?グルメや都心へのアクセス|次へ ≫

中古マンションを購入する時は配管を気にしよう!寿命や費用を詳しく紹介

中古マンションを購入する時は配管を気にしよう!寿命や費用について詳しく紹介

中古マンションを購入する際に気になる点といえば、間取りや部屋の清潔感などがメインとなるかと思います。
しかし、中古マンションを購入する際は見えない部分である配管まで気にしていないと後々大変なことになります。
特に配管は劣化により破裂してしまった場合、耐用年数内であれば、保証してくれますが、もし、耐用年数を過ぎてしまっている場合は自費で直さなければなりません。
そんな中古マンションを購入するにあたり重要視したい配管について説明します。

弊社へのお問い合わせはこちら

中古マンション購入時に気にしておくべき配管の寿命

配管の寿命は一般的な分析では20~30年となっています。
ただし構成されている材料により相違が出ており、鉄菅と塩ビ管の場合はかなり寿命が長いので、中古マンションを購入する際に配管が何で作られているか確認すると安心でしょう。
また、逆に綺麗にするために高圧洗浄を行っていることも配管の寿命を縮めるとされており、定期的に高圧洗浄で綺麗にされているから安心という感じで契約すると高圧洗浄により配管の内側が削られていることにより、いきなり配管が破裂したという事も珍しくありません。
そのため中古マンションを購入する際は配管の材料と、高圧洗浄の使用頻度などを確認して契約しましょう。

中古マンション購入時に考えておきたい配管交換の費用

中古マンションを購入する時に配管の状態に気を付けていても、破裂したりと支障が出る可能性があるため、一旦配管を交換する費用がどのくらいかという事を把握しておきましょう。
一般的に配管を交換するだけで、30万程度の費用がかかり、交換する際に床や壁などをいったん解体するために、元通りにする費用も併せて必要になります。
そのため総計50~100万円かかるという認識をしておくと実際に配管の交換が必要になったとしても費用に関して驚くことはないでしょう。
ただ金額が高いので、もし急に出せないという場合は、クレジットカードの分割払いができる所を選ぶなど、生活に影響を出さないことが重要です。

おすすめ|リノベーション済みマンション物件特集

まとめ

中古マンションを購入する際は配管の状態や交換が必要になったときにかかってくる費用などを事前に確認することが大変重要です。
もし耐用年数を過ぎてしまっている場合は、自費で全て対応しなければなりません。
目に見えない部分ですが配管は生活に絶対に欠かすことのできないものとなっているため、中古マンション購入時には注意を払うようにしましょう。
今回の記事を参考にして公開のない中古マンション選びに役立ててくださいね。
私たちRENOLAZEは、東京都内でマンション売却を承っております。
売却をご希望の際は、ぜひお問い合わせください。
住まいをお探しの方はこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

≪ 前へ|新宿御苑前での予防接種でおすすめの医療機関!気軽に立ち寄れる病院を紹介   記事一覧   港区赤坂の住みやすさとは?グルメや都心へのアクセス|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

  • 売却
  • スタッフ紹介
  • リノベーション事例・プラン
  • リノレイズについて
  • 売る
  • 買う
  • お客様の声
  • 周辺施設検索
  • アクセスマップ
  • お問い合わせ
  • KEIAIサイトへ
  • 会社概要

    会社概要
    株式会社RENOLAZE
    • 〒160-0004
    • 東京都新宿区四谷4丁目28-20
      パレ・エテルネル 403
    • TEL/03-6820-9188
    • FAX/03-6820-9189
    • 東京都知事 (2) 第97725号
  • モバイルサイト
  • SSL

    本ページは、SSL技術によって暗号化し、入力情報を保護しています。

トップへ戻る

  • LINEで簡単お問合せ