【TOP】東京リノベーションマンション情報 > 株式会社RENOLAZEのブログ記事一覧 > 友人にマンション売却する場合

友人にマンション売却する場合

≪ 前へ|マンション売却にはハウスクリーニングを忘れずに   記事一覧   ショッピングを楽しめる新宿!家具の購入にお勧めのお店を紹介|次へ ≫

友人にマンション売却する場合

マンションを売却する際に、友人、知人から適切な価格で購入の意思を示されたら、そちらに売却しようと考える方も多いでしょう。

 

その場合に、個人間で売買手続きを進めるのは、トラブルの元になり得ますので好ましくありません。

 

不動産業者の仲介手数料は確かに大きな額で、それが節約できるのは魅力的ですね。

 

ですが、個人間の手続きは、その節約メリットを上回るデメリットが派生する危険性がありますよ。

 

必ず、不動産業者に間に入ってもらうようにしましょう。

 

その理由は、以下の通りです。

 

価格交渉がしづらい


友人に売却


通常、マンションの売却であれば、買主側から値下げ交渉があるのが一般的です。

 

通常、不動産業者が間に入って行われますが、友人、知人との直接交渉は思うようにはいかないものですよ。

 

売買の双方が、対等な友人関係ならまだしも、上下関係や弱みを握っているような関係の場合は、立場の弱い方にどうしても不利になります。

 

ここでしこりを残してしまうと、今後の人間関係に悪影響を及ぼす恐れがあります。

 

ローンが組めない


住宅ローンを組む際には、宅地建物取引士が作成する重要事項説明書の提出が求められます。

 

個人間売買では、重要事項説明書が作成できないので、住宅ローンが組めません。

 

マンションの売買は、大きなお金が動きますので、ローンが組めないのは非常に大きなデメリットですね。

 

瑕疵担保責任


引渡し後でも、売主が知らなかった設備や機能の故障や修繕などが発生した場合、一定期間は売主が責任を負うのが瑕疵担保責任です。

 

売買の片方、あるいは両方が不動産業者の場合、これを免除することで売買価格を低く抑えることも一般的です。

 

この条件設定をどのようにするかは、当事者同士で決めるよりも、公平で、十分な知見を持った第三者に間に入ってもらった方が後々トラブルになりません。

 

書類の不備によるトラブル


マンションの売買では、物件調査や契約書の作成、登記手続きや融資の手続きなど普段の生活で行わないような作業、手続きが多数あります。

 

しかも、それらをすべて間違いなく、抜かりなく完了させなければなりません。

 

これらの負担や、間違いがあった場合のデメリットを考慮すると、仲介手数料を払って業者にやってもらったほうがずっと楽ですね。

 

マンション売却のトラブル


まとめ


マンションの売却は、多額のお金が動くと同時に、面倒な事務作業を多数こなさなければなりません。

 

適切な業者に間に入ってもらい、安全に、確実に手続きを完了させましょう。

 

もし、知人から個人間売買を持ちかけられ、不動産業者の仲介を拒んだ場合には、その時点で売却を断りましょう。

 

中古マンションの売却を検討中でお悩みの方は、ぜひRENOLAZEまでご相談ください

≪ 前へ|マンション売却にはハウスクリーニングを忘れずに   記事一覧   ショッピングを楽しめる新宿!家具の購入にお勧めのお店を紹介|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

  • 売却
  • スタッフ紹介
  • リノベーション事例・プラン
  • リノレイズについて
  • 売る
  • 買う
  • お客様の声
  • 周辺施設検索
  • アクセスマップ
  • お問い合わせ
  • KEIAIサイトへ
  • 会社概要

    会社概要
    株式会社RENOLAZE
    • 〒160-0004
    • 東京都新宿区四谷4丁目28-20
      パレ・エテルネル 403
    • TEL/03-6820-9188
    • FAX/03-6820-9189
    • 東京都知事 (2) 第97725号
  • モバイルサイト
  • SSL

    本ページは、SSL技術によって暗号化し、入力情報を保護しています。

トップへ戻る

  • LINEで簡単お問合せ