【TOP】東京リノベーションマンション情報 > 株式会社RENOLAZEのブログ記事一覧 > なぜ中古マンションを売るのか?気になる売却理由と購入者の心理

なぜ中古マンションを売るのか?気になる売却理由と購入者の心理

≪ 前へ|【マンション売却】駅から遠いマンションでも売却できる?   記事一覧   中古マンション売却!値下げのタイミングと交渉方法を知ろう!|次へ ≫

なぜ中古マンションを売るのか?気になる売却理由と購入者の心理

中古マンションを売却するさい、事情は何かしらあるものです。

 

物件に誰も住まないから売りに出すわけですが、そこに至る原因を知りたい方は、売主買主を問わず多い傾向にあります。

 

売主は売りやすいワケ、買主は買うに損しないワケを知りたいと希望するようです。

 

中古マンション売却理由を知って、買主への影響を考えてみましょう。


中古マンションの売却理由


中古マンションの売却担当者


中古マンションの売却事情の半分近くが、「現状より良い住まいに引っ越すため」です。

 

以下、少数派の意見がいくつか挙げられます。

 

・大きな資金が必要なため

 

・売るタイミングのため

 

・転勤のため

 

・相続したが誰も住まないため

 

この他にもたくさんの原因がありますが、離婚や同居など、ライフステージの変化に関係する内容が大半を占めます。

 

つまり、中古マンションを手放す方の多くが、住環境の向上を目的に引っ越ししているのです。

 

やむを得ない必然的な原因で売却をする方は、そこまで多くないようですね。


売却理由と購入意欲の関係性


ある不動産会社の方いわく、「売りに出した事情は必ず聞かれる」とのこと。

 

実際、自分が買主側であれば、なぜ売りに出しているのか気になりますよね。

 

価格が相場とかけ離れていたり、売り出し期間が長かったりすれば、さらに物件の事情を知りたくなるでしょう。

 

多くの場合、事情が購入意欲へプラスに働くことはまれで、一歩間違えればマイナスに働きます。

 

そのマイナスにより購入対象外になる場合がありますので、売却する根拠には慎重になりましょう。


購入意欲が下がる理由と購入希望者への伝え方


欠陥が見つかった中古マンション


購入意欲が下がる売却原因は大きく分けると3つあります。

 

1.   欠陥や事故

 

2.   老朽化

 

3.周辺環境の悪さ

 

欠陥や事故については売主に告知義務があり、隠すことによるダメージの方が大きいといえます。

 

自殺や殺人の「心理的瑕疵」については、不動産業者と告知に関して話を詰めた方がよいでしょう。

 

一定期間が経過したマンションの老朽化や周辺環境の悪さは、購入意欲を後退させる材料になりかねません。

 

告知義務はないので、胸は痛むかもしれませんが、当たり障りのない回答を用意しましょう。


まとめ


売却理由は購入の決め手にはならず、売り出し期間など、場合によっては購入意欲の低下を招く恐れがあります。

 

中古マンションに買い手がつくよう、事情をうまく説明できるようにしておきましょう。

 

信頼のおける不動産業者を見つけて、納得できる売却を実現させてくださいね!

 

東京都内中古マンショ売却に関するご相談は、RENOLAZEまでぜひさい
≪ 前へ|【マンション売却】駅から遠いマンションでも売却できる?   記事一覧   中古マンション売却!値下げのタイミングと交渉方法を知ろう!|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

  • 売却
  • スタッフ紹介
  • リノベーション事例・プラン
  • リノレイズについて
  • 売る
  • 買う
  • お客様の声
  • 周辺施設検索
  • アクセスマップ
  • お問い合わせ
  • KEIAIサイトへ
  • 会社概要

    会社概要
    株式会社RENOLAZE
    • 〒160-0004
    • 東京都新宿区四谷4丁目28-20
      パレ・エテルネル 403
    • TEL/03-6820-9188
    • FAX/03-6820-9189
    • 東京都知事 (2) 第97725号
  • モバイルサイト
  • SSL

    本ページは、SSL技術によって暗号化し、入力情報を保護しています。

トップへ戻る

  • LINEで簡単お問合せ