【TOP】東京リノベーションマンション情報 > 株式会社RENOLAZEのブログ記事一覧 > 転勤でマイホームを売却する際に必要なこととは?

転勤でマイホームを売却する際に必要なこととは?

≪ 前へ|四ツ谷エリアへお引越し~住みやすさ発見~   記事一覧   不動産売却の代金 いつ入金される?注意するべきことは?|次へ ≫

転勤でマイホームを売却する際に必要なこととは?

転勤が決まり、現在住んでいるマイホームの行く末を考えている方。

 

やっぱり売却?

 

賃貸に出した方がお得なの?

 

そこで今回は転勤が決まった方がマイホームを売却するメリットと賃貸に出すメリットについてご紹介します。

 

2つを比較することで、ご自身に合ったマイホームの活用方法を考えることができるでしょう。


転勤でマイホームを売却!? 賃貸と売却を比較する方法


転勤でマイホームを売却


2つを比較する方法としては3点。

 

不動産を手放す理由と、その物件の間取りや周辺環境、いずれその地域に戻ってくる可能性があるのかどうかがポイントになります。

 

まずは、自分がどのタイプに当てはまるのかを確認しておく必要があります。


転勤でマイホームを売却!? 売却をするメリット


まず転勤などでマイホームの行く末を考えるとき、思いつくのは売却かと思います。

 

賃貸として出すのと比較して、マイホーム売却のメリットとして挙げられるポイントは、今までかかっていた管理費や維持費が不要な事。

 

不動産を所有しているとかかってくる税金などからも解放される点から、税金の面でもメリットです。

 

また、売却した際の金額が手に入るとい点から手元にすぐにまとまったお金が必要という場合には売却がおすすめと言えます。


転勤でマイホームを売却!? 賃貸に出すメリット


一方、賃貸物件として出すメリットとしては、家賃収入を得る事ができる点がポイントとなります。

 

すぐに借り手が決まれば不労所得を得ることができ、最近増えている不動産のオーナーとして副業を行うことができます。

 

またいずれその地域に戻ってきた場合、住まいを探す手間も省け、資産を手放さなくて済むという点もポイントの一つだと言えるでしょう。


転勤でマイホームを売却!? こんな方は売却がおすすめ


転勤でマイホームを売却


転勤後、現在マイホームのある地域へ戻ってくる予定がない、需要があまりない地域の場合は思い切って売却をするといいでしょう。

 

新しい引越し先で住宅の購入が決まっている場合も売却をすることをおすすめします。


売却をしなければ二重でローンを支払わなければならないので、そういった点でも売却をすすめるポイントとなります。


売却を決めた場合には、不動産会社へ仲介の依頼を行わなければなりません。


売却の際には媒介契約を結ばなければなりませんが、転勤など早めに不動産の売却を行いたい場合は、買い取り制度という不動産会社が物件を直接買い取ってくれる制度もあるので、そちらを利用してもいいでしょう。


まとめ


いかがでしたか?


今回はマイホームの活用方法にご紹介しました。


新生活のスタートでマイホームの購入を検討しているのであれば、RENOLAZEで不動産探しを行ってみてはいかがでしょうか。


RENOLAZEではリノベーション物件など様々な売買マンションを取り扱っております。


不動産の購入や売却に関して気になることがあれば、お気軽に当社へご相談ください

≪ 前へ|四ツ谷エリアへお引越し~住みやすさ発見~   記事一覧   不動産売却の代金 いつ入金される?注意するべきことは?|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

  • 売却
  • スタッフ紹介
  • リノベーション事例・プラン
  • リノレイズについて
  • 売る
  • 買う
  • お客様の声
  • 周辺施設検索
  • アクセスマップ
  • お問い合わせ
  • KEIAIサイトへ
  • 会社概要

    会社概要
    株式会社RENOLAZE
    • 〒160-0004
    • 東京都新宿区四谷4丁目28-20
      パレ・エテルネル 403
    • TEL/03-6820-9188
    • FAX/03-6820-9189
    • 東京都知事 (2) 第97725号
  • モバイルサイト
  • SSL

    本ページは、SSL技術によって暗号化し、入力情報を保護しています。

トップへ戻る

  • LINEで簡単お問合せ