東京中古マンション情報 > 株式会社RENOLAZEのブログ記事一覧 > 登記簿謄本・登記事項証明書の取得は、オンライン請求がお得!

登記簿謄本・登記事項証明書の取得は、オンライン請求がお得!

≪ 前へ|マンション低層階でも高く売却できるアピール方法とは   記事一覧   マンションの売却は口コミや体験談が重要!?|次へ ≫

登記簿謄本・登記事項証明書の取得は、オンライン請求がお得!


中古マンションなどを売却する際には登記簿謄本が必要となりますが、最近では法務局に出向かなくても、インターネットで請求できることをご存知ですか?

 

今回は、登記簿謄本をインターネットで請求する、オンライン請求についてご紹介します。


不動産登記情報

 

登記簿謄本・登記事項証明書の請求について

 

そもそも登記簿謄本とは、登記簿の写し(コピー)のことを言います。

 

コンピュータでデータが管理されるようになってからは、写しではなく必要な内容を選んで記載したものを渡せるようになり、名称も「登記事項証明書」に変更されました。

 

さらに以前は不動産を管轄している法務局まで出向くか、郵送で書類のやりとりをして取り寄せる必要があったのですが、証明書の取得に時間も手間もかかることがネックでした。

 

一方オンライン請求では、郵送もしくは最寄りの法務局での受け取りのどちらかを選ぶことができるので、手間も時間もかからないのがポイントの一つです。

  

登記簿謄本・登記事項証明書をオンライン請求する方法

 

法務局のホームページにアクセスすると、証明書などを取得するための専用のページがあります。

 

初回のみIDやパスワードなど申請者情報の登録を行い、最寄りの法務局の窓口か、郵送で受け取るか交付方法を選択します。

 

最後に手数料を払うための納付情報が発行されるので、手数料を納付して、指定した方法で証明書を受け取れば手続き完了です。

 

郵送の場合、手数料の納付後12日で届くのが一般的なようですが、時期によってはさらに時間がかかる場合もあります。 


不動産検索

 

登記簿謄本・登記事項証明書をオンライン請求するメリット・デメリット

 

法務局の窓口で交付手続きを行った場合の手数料は600円ですが、オンライン請求の場合、窓口受け取りで480円、郵送の場合は500円と、手数料が安く済むことがメリットとなっています。

 

また、郵送受け取りとインターネットバンキングでの支払いを選択すれば、家から出なくてもすべての手続きが完了します。

 

デメリットは、支払い方法がインターネットバンキングかPay-easy(ペイジー)対応のATMでの納付にしか対応していない点です。

 

ネットでの決済に慣れている人や対応の口座を持っていればよいのですが、不慣れな人にとっては支払いが難しいと感じるかもしれません。 

 

まとめ

 

インターネットでの手続きは、費用も安く簡単に済ませることができます。

 

パソコンでの操作や支払いに不安がなければメリットばかりなので、ぜひ積極的に利用することをおすすめします。

 

RENOLAZEは、東京・神奈川・埼玉の中古マンションの売買、リノベーションに特化した不動産です。

 

新居をお探しの方や、現在お住まいのマンションの売却を考えていらっしゃるかたは、ぜひ一度RENOLAZEまでお気軽にご相談下さい。

≪ 前へ|マンション低層階でも高く売却できるアピール方法とは   記事一覧   マンションの売却は口コミや体験談が重要!?|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

  • 売却
  • スタッフ紹介
  • リノベーション事例・プラン
  • リノレイズについて
  • 売る
  • 買う
  • お客様の声
  • 周辺施設検索
  • アクセスマップ
  • お問い合わせ
  • KEIAIサイトへ
  • 会社概要

    会社概要
    株式会社RENOLAZE
    • 〒160-0004
    • 東京都新宿区四谷4丁目28-20
      パレ・エテルネル 403
    • TEL/03-6820-9188
    • FAX/03-6820-9189
    • 東京都知事 (2) 第97725号
  • モバイルサイト
  • SSL

    本ページは、SSL技術によって暗号化し、入力情報を保護しています。

トップへ戻る

  • LINEで簡単お問合せ