【TOP】東京リノベーションマンション情報 > 株式会社RENOLAZEのブログ記事一覧 > 中古マンションの水回りリフォームで注意すべきポイントは?

中古マンションの水回りリフォームで注意すべきポイントは?

≪ 前へ|新宿区で子どもが安心して遊べるおすすめの公園を2つご紹介!    記事一覧   中古マンションでワンストップ型リノベーションを選ぶメリットとは|次へ ≫

中古マンションの水回りリフォームで注意すべきポイントは?

中古マンションを購入しフルリフォームを行おうとするとき、特に気をつけたいのが水回りの工事です。

 

水回りとはキッチン、お風呂、トイレ、洗面台などの水を使う設備や場所を指します。

 

それでは、水回りリフォームを行う前に注意しておくべきポイントをご紹介しましょう。

 

マンションの水回り工事は専有部分と共用部分の兼ね合いを確認


水まわり


マンションの水回り工事において気をつけたいポイントは、給排水管と給排水管の大元であるパイプスペースとの兼ね合いです。

 

給排水管は専有部分ですが、パイプスペースは共用部分にあたるため、大規模な移動はできません。

 

特に排水経路は、排水を流すための勾配・傾斜を確保しなくてはならず、水回りの移動に制限が出てしまいます。

 

また、給湯器についても管理規約などで大きさや機能が定められていることがあるため、自由に交換できない場合があるので注意しましょう。

 

技術的には問題のない設備工事であっても、管理規約で禁止されている工事内容ではないか管理組合や管理会社に確認を取りながら、マンションのリフォームを進める必要があります。

 

技術面だけを見るのではなく、専有部分と共用部分に関する知識があり、経験豊富なリフォーム会社を選ぶことも大事な要素です。

 

マンションの水回りを使いやすくリフォームするためには


水回りを使いやすくリフォームするために意識しなくてはならないのは、水回りを使用する家族の動線です。

 

水回りは家族全員が同時に使うことがあるので、動線が絡み合う動きづらい配置にならないよう気をつけましょう。

 

設備の選び方の注意点としては、カタログだけで決めず実際にショールームに行って確認をすることが重要です。

 

家族の年齢によっても使い勝手が変わるので、お子さんや高齢者の方が浴槽でまたぐ・座る・立ち上がるなどの動作がしやすいかどうか確認しましょう。

 

また、水を流す音は上下階の部屋に案外響くものです。

 

上下階の部屋からクレームにならないように、施工業者や管理会社とよく相談して設備や配置について決めるようにしたいですね。


リフォーム


まとめ


マンションの水回りをリフォームする時には、共用部分であるパイプスペースと専有部分である各設備との配管の兼ね合いに注意する必要があります。

 

また、給湯器の配置を大きく変える場合には管理規約に制限がないか確認を取り、家族の動線が絡まないような設備配置を心がけましょう。

 

設備選定の際には、ショールームで実物を見て触れてから、理想の水回りを有したマンションにリフォームしたいですね!

 

RENOLAZEでは、東京都を中心に多数の中古マンションをご紹介しております。

 

リノベーション向きマンションもございますので、どうぞお気軽にお問い合わせください

≪ 前へ|新宿区で子どもが安心して遊べるおすすめの公園を2つご紹介!    記事一覧   中古マンションでワンストップ型リノベーションを選ぶメリットとは|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

  • 売却
  • スタッフ紹介
  • リノベーション事例・プラン
  • リノレイズについて
  • 売る
  • 買う
  • お客様の声
  • 周辺施設検索
  • アクセスマップ
  • お問い合わせ
  • KEIAIサイトへ
  • 会社概要

    会社概要
    株式会社RENOLAZE
    • 〒160-0004
    • 東京都新宿区四谷4丁目28-20
      パレ・エテルネル 403
    • TEL/03-6820-9188
    • FAX/03-6820-9189
    • 東京都知事 (2) 第97725号
  • モバイルサイト
  • SSL

    本ページは、SSL技術によって暗号化し、入力情報を保護しています。

トップへ戻る

  • LINEで簡単お問合せ