【TOP】東京リノベーションマンション情報 > 株式会社RENOLAZEのブログ記事一覧 > 中古マンションの住み心地を改善する断熱リノベーションとは?

中古マンションの住み心地を改善する断熱リノベーションとは?

≪ 前へ|医療環境と都心へのアクセスはどう?新宿区若松河田駅周辺の住みやすさ   記事一覧   公園近くの物件に住むのはおすすめ?メリット・デメリットをご紹介|次へ ≫

中古マンションの住み心地を改善する断熱リノベーションとは?

中古マンションの住み心地を改善する断熱リノベーションとは?

中古マンションを購入後、夏は暑くて冬は寒いといった住み心地へのお悩みは多いのですが、断熱リノベーションを実施して改善されることも珍しくありません。
ここでは中古マンションの購入を検討されている方に向けて、断熱リノベーションの方法や、おすすめの施工場所についてご紹介します。

弊社へのお問い合わせはこちら

中古マンションの住み心地を改善する断熱リノベーションの方法とは?

壁・床・天井に対しては、断熱材を追加する工事をおこないます。
固形の断熱材をはめ込んでいく工事と、泡状のものを吹き付ける工事とがあり、低層階はお好きなほうを選べますが、高層階になると固形の断熱材での工事しか選べない場合が多いです。
いずれにしても壁・床・天井から伝わってくる外気をリノベーション前より遮断できますので、そのお部屋全体の暑さ・寒さが和らいで快適になります。
特に、1階・最上階・角部屋などは周囲にほかのお部屋がなく、壁・床・天井から外気がよく伝わっていることが多いため、それぞれの場所に断熱材を追加する工事が効果的です。
さらに窓や玄関からも外気がよく伝わっているため、断熱性能の高いガラスやドアに交換する工事が有効なのですが、マンションは共同住宅になる関係で勝手には変えられないケースが多いのです。
そのためよく用いられるのが内窓を設置して窓を二重にする工事で、マンションの規約に抵触せずに窓から伝わる外気を遮断してお部屋全体の断熱性能を高めます。

中古マンションで断熱リノベーションを実施する場所の優先順位について

お部屋に伝わる外気の6割近くは窓からのものだとされており、断熱工事の効果を実感しやすいですから、マンションのどの位置にあるお部屋もまずは窓への工事を優先的に検討されるといいでしょう。
あとはお部屋の位置に応じて外気が伝わりやすい箇所を工事するのがおすすめです。
たとえば角部屋の場合、隣にお部屋のない方向からは外気が伝わりやすいため、窓に加えてその方向の壁も優先的に工事するのが効果的です。
最上階にあるお部屋なら天井から外気が伝わりやすいため、窓とあわせて天井を優先されるといいでしょう。
このようにまずは窓を優先しつつ、あとはお部屋の位置により外気が特に伝わりやすい場所を優先すると、お部屋全体の断熱性能を効率よく改善できます。
費用や時間が限られており、すべての場所への工事が難しいときは、このような優先順位に応じて効果的な場所からリノベーションを進めてください。

まとめ

断熱設備が乏しく、そのままでは住み心地が今一つとなる中古マンションでも、購入後に効率的な断熱リノベーションをおこなえば快適に暮らせます。
安い中古物件をうまく活用して快適な暮らしを送りたい方にはおすすめの方法です。
私たちRENOLAZEでは、東京都を中心としたエリアで中古マンションを多数ご紹介しています。
マンション購入をご検討中の方は、ぜひ当社へお問い合わせください。
住まいをお探しの方はこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

≪ 前へ|医療環境と都心へのアクセスはどう?新宿区若松河田駅周辺の住みやすさ   記事一覧   公園近くの物件に住むのはおすすめ?メリット・デメリットをご紹介|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

  • 売却
  • スタッフ紹介
  • リノベーション事例・プラン
  • リノレイズについて
  • 売る
  • 買う
  • お客様の声
  • 周辺施設検索
  • アクセスマップ
  • お問い合わせ
  • KEIAIサイトへ
  • 会社概要

    会社概要
    株式会社RENOLAZE
    • 〒160-0004
    • 東京都新宿区四谷4丁目28-20
      パレ・エテルネル 403
    • TEL/03-6820-9188
    • FAX/03-6820-9189
    • 東京都知事 (2) 第97725号
  • モバイルサイト
  • SSL

    本ページは、SSL技術によって暗号化し、入力情報を保護しています。

トップへ戻る

  • LINEで簡単お問合せ