東京の仲介手数料半額・仲介手数料無料の物件情報 > 株式会社RENOLAZEのブログ記事一覧 > マンション売却を管理組合に伝えるタイミングとは?

マンション売却を管理組合に伝えるタイミングとは?

≪ 前へ|マンションの売却は大規模修繕の前後どちらが良い?   記事一覧   不動産売却活動でオープンハウスをするとどんなメリットがあるの?|次へ ≫

マンション売却を管理組合に伝えるタイミングとは?

マンション売却を管理組合に伝えるタイミングとは?

マンションを購入して住むには、管理組合に加入しなくてはなりません。
逆に、物件を手放して新たな住まいへ引っ越すときは、組合も抜けることになりますが、いつ伝えれば良いのかと悩む方も多いようです。
本記事ではマンション売却時に、管理組合に伝えるタイミングや、役員に就いているときでも売ることはできるのか、解説していきます。

弊社へのお問い合わせはこちら

マンション売却を管理組合に伝えるタイミング

マンション売却を管理組合に伝えるタイミングですが、これは区分所有法により規定があります。
組合員としての資格を喪失したとき、ただちにその旨を伝えなくてはならない、と規定されているのです。
つまり、物件を手放し、所有権が新しいオーナーに移ったのであれば、資格を喪失したことになるため、そのとき伝えなくてはなりません。
基本的には、決済直後に伝えます。
組合員資格喪失届をはじめ、さまざまな書類による手続きもあるため、事前に確認しておくとスムーズに進められるでしょう。
なお、組合員の資格を喪失した連絡をしていないと、修繕積立金の引き落としが継続されます。
必要のないお金を支払ってしまうため、注意が必要です。

マンション売却前に管理組合の役員になった場合

マンションを売却しようとしているのに、管理組合の役員が回ってきた、といったケースではどうすれば良いのでしょうか。
このような場合でも、売ることが可能なのかどうか、不安になる方は少なくないでしょう。
基本的には、理事や会計担当などに就いていたとしても、手放すことは可能です。
個人の意思が尊重されるため、組合によって売ることを禁止される、妨害されるといったことはありません。
理事や会計担当などに就いている場合は、補欠候補の方が新たな役員として就任するのが一般的です。
ただ、別途規約が設けられている可能性もあるため、事前に管理規約集の確認を怠らないようにしましょう。
また、物件の売買は個人の意思でおこなうため、法的な問題はありませんが、もしかすると肩身の狭い思いをしてしまうかもしれません。
ほかの組合員から、無責任な人と思われてしまう可能性もがありますが、法的に問題があるわけではないため、あまり気にする必要はないでしょう。

まとめ

マンション売却を管理組合に伝えるタイミングや、役員でも売ることはできるのかについて解説しましたが、いかがでしたでしょうか。
基本的には決済の直後に資格を喪失したことを伝え、役に就いていたとしても手放せます。
本記事でもお伝えしたように、別途組合で管理規約が設けられている可能性はあるため、規約集の確認も忘れないでください。
RENOLAZEでは、東京都内の中古マンションを多数ご紹介しております。
購入した中古マンションのリノベーション依頼も承っておりますので、ぜひご相談ください。

≪ 前へ|マンションの売却は大規模修繕の前後どちらが良い?   記事一覧   不動産売却活動でオープンハウスをするとどんなメリットがあるの?|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

  • 売却
  • スタッフ紹介
  • リノレイズについて
  • 売る
  • 買う
  • お客様の声
  • 周辺施設検索
  • アクセスマップ
  • お問い合わせ
  • 会社概要

    会社概要
    株式会社RENOLAZE
    • 〒160-0004
    • 東京都新宿区四谷4丁目28-20
      パレ・エテルネル 403
    • TEL/03-6820-9188
    • FAX/03-6820-9189
    • 東京都知事 (2) 第97725号
  • モバイルサイト
  • いえらぶ不動産転職
  • SSL

    本ページは、SSL技術によって暗号化し、入力情報を保護しています。

トップへ戻る

  • LINEで簡単お問合せ