東京の仲介手数料半額・仲介手数料無料の物件情報 > 株式会社RENOLAZEのブログ記事一覧 > マンションの売却は大規模修繕の前後どちらが良い?

マンションの売却は大規模修繕の前後どちらが良い?

≪ 前へ|新築マンションを入居前に売却するのと契約解除するのはどちらがお得?   記事一覧   マンション売却を管理組合に伝えるタイミングとは?|次へ ≫

マンションの売却は大規模修繕の前後どちらが良い?

マンションの売却は大規模修繕の前後どちらがよい?

住宅を手放すのであれば、少しでも高値で売りたいと考えるのは当然のことでしょう。
高く売るために必要な要素はいくつかありますが、集合住宅の場合は修繕の前後で売値が大きく変わることがあるため、注意が必要です。
本記事では、マンションの売却価格と関わる大規模修繕とは何か、売るタイミングについても解説しましょう。

弊社へのお問い合わせはこちら

マンションの売却と関わる大規模修繕とは?

マンション売却と関わる大規模修繕とは、あらかじめ周期を決めたうえで実行される計画修繕のことです。
建物は年月の経過により劣化が進むため、住民が快適かつ安全に暮らせるよう、一定周期で修繕をおこないます。
主に管理組合や管理業者が計画をたて、それに沿って修繕が実行されるのです。
なお、修繕に要する費用は、修繕積立金でまかなわれるのが一般的です。
管理組合や管理業者が、毎月修繕積立金を徴収して管理し、それを修繕に用います。
このような、規模の大きな修繕工事は、だいたい12~15年周期で実行されていますが、あくまで目安であり、もっと短い期間で実行されるケースもあるため注意が必要です。

大規模修繕の前後どちらのタイミングでマンションを売却した方が良い?

マンションの売却を検討されている方のなかには、大規模修繕の前後どちらのタイミングで売ればよいのか、と悩む方もいるでしょう。
これは難しい問題で、どちらにもメリットとデメリットがあります。
まず、修繕前に手放すケースですが、こちらは築年数がそこまで経っていないため、高額で手放せる可能性が高まります。
一般的に、大規模な修繕は12~15年周期で実行されるため、修繕前なら15年以内の物件となり、比較的新しいと認識されるからです。
ただ、修繕後に比べると外観は美しくないため、そこをアピールして売ることができません。
修繕後に手放すケースでは、アピールできるポイントがたくさんあるため、購入希望者によい印象を与えられるメリットがあります。
一方、修繕に必要な積立金は、修繕が実行されるたびに増額するため、そこがデメリットとなることを覚えておきましょう。
つまり、ランニングコストが高くつくと思われてしまい、購入を可決されにくい可能性がある、ということです。
このように、どちらも一長一短であるため、正しく理解しておく必要があります。

まとめ

マンション売却に関わる大規模修繕とは何か、タイミングはいつがよいのか解説しましたが、いかがでしたでしょうか。
できる限り希望どおりの価格で手放せるよう、大規模修繕の基礎知識や売る時期をしっかり把握しておきましょう。
修繕の前後どちらで手放せばよいのかは、ケースバイケースです。
自身の状況も鑑みたうえで検討するとよいでしょう。
私たちRENOLAZEは、東京都内でマンション売却を承っております。
売却をご希望の際は、ぜひお問い合わせください。

≪ 前へ|新築マンションを入居前に売却するのと契約解除するのはどちらがお得?   記事一覧   マンション売却を管理組合に伝えるタイミングとは?|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

  • 売却
  • スタッフ紹介
  • リノレイズについて
  • 売る
  • 買う
  • お客様の声
  • 周辺施設検索
  • アクセスマップ
  • お問い合わせ
  • 会社概要

    会社概要
    株式会社RENOLAZE
    • 〒160-0004
    • 東京都新宿区四谷4丁目28-20
      パレ・エテルネル 403
    • TEL/03-6820-9188
    • FAX/03-6820-9189
    • 東京都知事 (2) 第97725号
  • モバイルサイト
  • いえらぶ不動産転職
  • SSL

    本ページは、SSL技術によって暗号化し、入力情報を保護しています。

トップへ戻る

  • LINEで簡単お問合せ