東京の仲介手数料半額・仲介手数料無料の物件情報 > 株式会社RENOLAZEのブログ記事一覧 > 不動産売却の際ローン滞納が及ぼす影響とは?任意売却やリースバックについて解説

不動産売却の際ローン滞納が及ぼす影響とは?任意売却やリースバックについて解説

≪ 前へ|四谷三丁目のおすすめジム2つをご紹介!運動不足を解消!   記事一覧   入院中に不動産を売却する方法と認知症を患っているケースについて解説!|次へ ≫

不動産売却の際ローン滞納が及ぼす影響とは?任意売却やリースバックについて解説

不動産売却の際ローン滞納が及ぼす影響とは?任意売却やリースバックについて解説

住宅ローンの滞納が続くと、家に住み続けられなくなります。
また、不動産売却を考えた場合も、通常の売却のように手続きが進められません。
この記事では、住宅ローンの滞納が続いたらどうなるのか、任意売却や、リースバックについて解説しています。
これから不動産を購入される方はぜひ参考にしてください。

弊社へのお問い合わせはこちら

ローンを滞納するとどうなる?不動産売却に及ぼす影響とは

住宅ローンを3〜6か月ほど滞納し続けると、不動産は差し押さえられ競売にかけられてしまいます。
競売は、不動産の持ち主にとってデメリットしかありません。
家が差し押さえられると、競売にかけられて最終的には退去を余儀なくされ、手元にお金は残りません。
また、ブラックリスト入りしてしまうなど、信用情報にも傷が付いてしまいます。
住宅ローンを滞納してしまっているなら、金融機関になるべく早く相談しましょう。
競売にかけられるまでに早くアクションを起こすことで、ローン滞納を解決できる方法もあります。

ローン滞納!不動産売却は任意売却に持っていけるとベター

もし、ローンを滞納してしまっているのなら、任意売却の流れに持っていきましょう。
任意売却とは、金融機関から抵当権解除の承諾を得て、債権者の了承のもと、不動産を売りに出す方法です。
売却によって得た資金をローンの返済に充てられます。
任意売却ができる期間は、ローンを滞納して競売にかけられるまでの間です。
隣近所に知られることなく売却が進められ、売却にかかる諸費用などが売却代金から得られます。
市場価格に近い金額で売れる可能性が高まるのも任意売却ならではの強みです。
そして、何より任意売却を経て残ったローンの返済計画の交渉ができるという大きなメリットがあります。

ローンを滞納し不動産売却が成立した後でも家に住み続ける方法

ローンを滞納して家を売却せざるを得なくなっても、リースバックを使えば同じ家に住み続けられます。
リースバックとは、任意売却によって売り払った家の賃貸借契約を結ぶことです。
リースバックするメリットは、同じ家に住み続けられることです。
また、いったん売却するためまとまったお金が手にでき、ローンの返済にあてられます。
家賃を払う必要がある、不動産の所有権を手放さなければならないなどのデメリットはありますが、ローン滞納を解消へと導ける有効な手段です。

まとめ

住宅ローンを滞納してしまうと、家は強制的に売却され、手元にはローンだけが残ってしまいます。
それを避けるためにも早めに任意売却を実行し、またその後はリースバックをおこなって同じ家に住み続けることもできます。
不動産に関してお困りごとがありましたら弊社にぜひご相談ください。
私たちRENOLAZEでは、東京都を中心としたエリアで中古マンションを多数ご紹介しています。
マンション購入をご検討中の方は、ぜひ当社へお問い合わせください。
弊社へのお問い合わせはこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら


≪ 前へ|四谷三丁目のおすすめジム2つをご紹介!運動不足を解消!   記事一覧   入院中に不動産を売却する方法と認知症を患っているケースについて解説!|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

  • 売却
  • スタッフ紹介
  • リノレイズについて
  • 売る
  • 買う
  • お客様の声
  • 周辺施設検索
  • アクセスマップ
  • お問い合わせ
  • 会社概要

    会社概要
    株式会社RENOLAZE
    • 〒160-0004
    • 東京都新宿区四谷4丁目28-20
      パレ・エテルネル 403
    • TEL/03-6820-9188
    • FAX/03-6820-9189
    • 東京都知事 (2) 第97725号
  • モバイルサイト
  • いえらぶ不動産転職
  • SSL

    本ページは、SSL技術によって暗号化し、入力情報を保護しています。

トップへ戻る

  • LINEで簡単お問合せ