【TOP】東京リノベーションマンション情報 > 株式会社RENOLAZEのブログ記事一覧 > 中古マンション都心3区は坪300万円以上、ミニバブル期を上回る水準、東京カンテイ

中古マンション都心3区は坪300万円以上、ミニバブル期を上回る水準、東京カンテイ

≪ 前へ|世界の都市総合力ランキングトップはロンドン、東京は8年連続4位   記事一覧   首都圏マンション販売、大型の発売先送りで2ヵ月連続減/不経研調査|次へ ≫

中古マンション都心3区は坪300万円以上、ミニバブル期を上回る水準、東京カンテイ

参照元:http://www.kantei.ne.jp/news/cate01_m.php?category_no=4


 (株)東京カンテイは、このほど、2015年における三大都市圏の行政区別中古マンション価格を調査し、その流通価格と上昇幅ランキングを発表した。
 

それによると、中古マンション流通価格ランキング第1位は千代田区の坪391.1万円で、続く第2位の港区374.7万円や第3位の渋谷区329.7万円までが坪300万円以上、ミニバブル期の2008年を上回る水準となった。

 

上位10位までは都心6区をはじめとする東京23区の行政区が占めている。

 

また、上位11位~20位には東京23区の行政区の他に武蔵野市や川崎市中原区など、東京都下や神奈川県の行政区が登場し始めており、第19位には京都市東山区が近畿圏で価格が最も高い行政区としてランクインしている。

 

なお、上位50位までは全て首都圏および近畿圏の行政区であり、中部圏での最高位は第73位の名古屋市東区111.6万円となっている。

 

次いで、1998年~2008年の最安値から2015年時ではどの程度価格上昇したのかでは、第1位はこちらも千代田区で坪178.9万円上昇。

 

第2位は港区の171.9万円。第3位には中央区、第4位には渋谷区がランクインしており、第5位以下は100万円未満となっている。

 

上位10位までにランクインした行政区を見ると、東京23区の他には第5位に京都市東山区(+99.0万円)、第8位に横浜市西区(+84.6万円)が登場。

 

上位11位以下になると、各都市圏の中心部やそれらに隣接し住宅地として人気が高いエリアといった元々居住ニーズが高い行政区、また大規模再開発などでエリアポテンシャルが向上した行政区が数多く登場している。

 

ニュース情報元:(株)東京カンテイ

≪ 前へ|世界の都市総合力ランキングトップはロンドン、東京は8年連続4位   記事一覧   首都圏マンション販売、大型の発売先送りで2ヵ月連続減/不経研調査|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

  • 売却
  • スタッフ紹介
  • リノベーション事例・プラン
  • リノレイズについて
  • 売る
  • 買う
  • お客様の声
  • 周辺施設検索
  • アクセスマップ
  • お問い合わせ
  • KEIAIサイトへ
  • 会社概要

    会社概要
    株式会社RENOLAZE
    • 〒160-0004
    • 東京都新宿区四谷4丁目28-20
      パレ・エテルネル 403
    • TEL/03-6820-9188
    • FAX/03-6820-9189
    • 東京都知事 (2) 第97725号
  • モバイルサイト
  • SSL

    本ページは、SSL技術によって暗号化し、入力情報を保護しています。

トップへ戻る

  • LINEで簡単お問合せ