【TOP】東京リノベーションマンション情報 > 株式会社RENOLAZEのブログ記事一覧 > 難しいようで実は仕組みは簡単!仲介手数料無料の秘密

難しいようで実は仕組みは簡単!仲介手数料無料の秘密

≪ 前へ|東京都内で中古マンションを購入した方の体験談⑫   記事一覧   ご存知ですか?リノベーション済のマンションのメリット3選|次へ ≫

難しいようで実は仕組みは簡単!仲介手数料無料の秘密

中古マンションの購入時には手数料がかかるもの。

そしてその手数料は高いもの。

そういったイメージをお持ちの方もいらっしゃるでしょう。

もしくは「そもそも仲介手数料って何?」「なぜ払うの?」と疑問をお持ちの方もいらっしゃるかもしれません。

今回は、中古マンション購入の上でぜひ知っておいていただきたい仲介手数料のことや、仲介手数料無料についてお話をしたいと思います。


中古マンションの仲介手数料


仲介手数料とはそもそも何?


まずは仲介手数料とは何かというお話から入りましょう。

『仲介』という文字が表すように、仲介手数料は中古マンションを売りたい方(売主)や買いたい方(買主)が、不動産会社を介して売買を行った時に不動産会社へ支払うお金のこと。

不動産会社は依頼を受けると、それぞれの条件に合うお客様と物件を探し、マッチングさせるための交渉などを行います。

そしてめでたくその交渉が成立し売買契約が結ばれると、不動産会社は報酬として仲介手数料を受け取る仕組みとなっているのです。


仲介手数料は誰が支払う?


仲介手数料が何か少しお解りいただけたところで、次は仲介手数料をお支払いいただく方はどなたなのかというお話です。

中古マンション売買時の仲介手数料をお支払いいただく方は特に制限がなく、売主様・買主様の両方からいただくケースもあれば、どちらか一方のお客様からのみいただくケースもございます。

ただし、仲介手数料はあくまで『売買契約が成立した時に支払うお金』なので、契約成立とならなかった場合はお支払いいただく必要はございません。


仲介手数料っていくら払うの?


仲介手数料の金額に悩む男性



仲介手数料はお支払いいただく方に制限はありませんが、いただく金額の上限は以下のように決まっています。

 

200万円以下の物件…物件価格の5%

200万円超~400万円以下…物件価格の4%+2万円

400万円超…物件価格の3%+6万円

 

例えば1000万円の中古マンションを購入する場合、物件価格は400万円超となりますので、1000万円×3%+6万円=36万円となります。

さらに仲介手数料は消費税が加算されるため、1000万円の中古マンションを購入する場合、上記の金額に8%を掛けた388800円が手数料となるのです。

なお、仲介手数料はこの計算式の上限を超えた金額を設定することは禁止されていますが、下限額は制限がないため、仲介手数料無料や半額にすることも可能なのです。


まとめ


難しいようで、実は案外からくりは簡単な仲介手数料の仕組み。

ポイントをしっかり覚えておくと、今後中古マンションを購入する際にも必要経費が計算しやすくなるでしょう。

 

私たち株式会社RENOLAZEでは、中古マンション購入時の仲介手数料無料または半額にて物件をご紹介しています。

少しでもお安くマイホームを購入されたいとお考えの方は、ぜひ株式会社RENOLAZEまでご相談下さい!

≪ 前へ|東京都内で中古マンションを購入した方の体験談⑫   記事一覧   ご存知ですか?リノベーション済のマンションのメリット3選|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

  • 売却
  • スタッフ紹介
  • リノベーション事例・プラン
  • リノレイズについて
  • 売る
  • 買う
  • お客様の声
  • 周辺施設検索
  • アクセスマップ
  • お問い合わせ
  • KEIAIサイトへ
  • 会社概要

    会社概要
    株式会社RENOLAZE
    • 〒160-0004
    • 東京都新宿区四谷4丁目28-20
      パレ・エテルネル 403
    • TEL/03-6820-9188
    • FAX/03-6820-9189
    • 東京都知事 (2) 第97725号
  • モバイルサイト
  • SSL

    本ページは、SSL技術によって暗号化し、入力情報を保護しています。

トップへ戻る

  • LINEで簡単お問合せ