【TOP】東京リノベーションマンション情報 > 株式会社RENOLAZEのブログ記事一覧 > マンションの玄関リノベをするなら上がり框にこだわってみよう

マンションの玄関リノベをするなら上がり框にこだわってみよう

≪ 前へ|リノベーション中古マンション購入前に確認すべき高重要ポイント   記事一覧   間取り変更OKの物件もある!荒川区の1LDK中古マンション情報|次へ ≫

マンションの玄関リノベをするなら上がり框にこだわってみよう

中古マンションの購入を機にリノベーションを行う場合、どの部分にこだわりたいかというのは人それぞれですよね。

例えばご家族が集まるリビングにこだわる方もいれば、お料理好きでキッチンにこだわりたい方、1日の疲れを取るバスルームにこだわる方もいらっしゃるでしょう。

そうしたこだわりのリノベーションを、玄関にも反映させてみませんか。


マンションの玄関


玄関のおすすめリノベーション事例は?


玄関のリノベーションは意外とバリエーションが多く、ここにこだわる方も少なくありません。

一例としては、ご家族全員の靴を収納できる大きなシューズボックスを設置したり、壁や床の材質を変更して雰囲気を変えたりするケースがあります。

靴の脱ぎ履きがしやすい玄関をご希望なら、靴箱横に腰掛けスペースを設けても良いでしょう。

 

また、足元に照明を設置することで、より明るいスペースで靴の脱ぎ履きができる玄関にすることもおすすめです。


上がり框にこだわったリノベーションをしてみよう


マンションの上がり框


ところで、皆さんは『上がり框(かまち)』という言葉をご存知でしょうか。

上がり框とは、玄関と廊下の段差に取り付けられた横木のことです。

玄関と廊下の境目をご覧頂くと、直線に延びる廊下に対し、垂直に板が取り付けられた部分があるかと思いますが、それが上がり框です。

 

上がり框には、家に上がる時に靴を脱ぐ日本の習慣から生まれたもので、家の内側と外側を仕切る役目があります。

そして上がり框は、購入した中古マンションの玄関の形状に合わせて、曲線やL字型・コの字型など、様々なデザインに変更することができる点が魅力です。

また、材質にケヤキを利用して和の雰囲気を醸し出したり、框部分にのみ大理石を使用して、玄関にアクセントを付けたりすることもできますよ。

 

昔の家では、床下に溜まりやすい湿気の影響を避けるため、床から30cmほどの高さにある上がり框が主流だったそうですが、今は10cm20cmなどの高さも珍しくなくなりました。

なお、国土交通省が定めているバリアフリー住宅の基準のうち、上がり框の高さは一戸建てなら18cm以下に、アパートやマンションなら11cm以下にすると決められています。

現在介護中のご家族がいる方や、将来の生活のしやすさを考慮してバリアフリー設計にする場合は、この基準を超えないようにご注意ください。


まとめ


家の顔ともいえる玄関をリノベーションするのであれば、シューズボックスや照明などの設備だけでなく、上がり框にこだわった設計にしても良いでしょう。

こだわりの詰まった玄関リノベーションができる中古マンションを購入するなら、RENOLAZEへご相談下さい。

≪ 前へ|リノベーション中古マンション購入前に確認すべき高重要ポイント   記事一覧   間取り変更OKの物件もある!荒川区の1LDK中古マンション情報|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

  • 売却
  • スタッフ紹介
  • リノベーション事例・プラン
  • リノレイズについて
  • 売る
  • 買う
  • お客様の声
  • 周辺施設検索
  • アクセスマップ
  • お問い合わせ
  • KEIAIサイトへ
  • 会社概要

    会社概要
    株式会社RENOLAZE
    • 〒160-0004
    • 東京都新宿区四谷4丁目28-20
      パレ・エテルネル 403
    • TEL/03-6820-9188
    • FAX/03-6820-9189
    • 東京都知事 (2) 第97725号
  • モバイルサイト
  • SSL

    本ページは、SSL技術によって暗号化し、入力情報を保護しています。

トップへ戻る

  • LINEで簡単お問合せ