東京の仲介手数料半額・仲介手数料無料の物件情報 > 株式会社RENOLAZEのブログ記事一覧 > リノベーション中古マンション購入前に確認すべき高重要ポイント

リノベーション中古マンション購入前に確認すべき高重要ポイント

≪ 前へ|リノベーション向き中古マンションと築年数の関係とは   記事一覧   マンションの玄関リノベをするなら上がり框にこだわってみよう|次へ ≫

リノベーション中古マンション購入前に確認すべき高重要ポイント

これまでRENOLAZEでは、中古マンション購入にあたって様々なポイントをご紹介してきました。

 

関連記事:ご存知ですか?リノベーション済のマンションのメリット3

     東京でリノベーションマンション購入時はこんな点に注意しよう

     リノベーション向きマンション選びで大切な3ポイントとは

 

中古マンションの購入やリノベーションは、新築マンションの購入より費用が割安になるとはいえ、やはり人生の中でも高い買い物となることは間違いありません。

そのため、過去にご紹介したポイント以外にも、購入前にチェックするべき点が多数あります。

今回は、中古マンション購入前のチェックポイントのうち、特に注意してご確認いただきたい2つのポイントをご紹介します。


中古マンション


管理はどの程度行き届いているか


中古マンションの購入にあたって、特に重要度が高い項目がマンションの管理です。

専有部分の設備や間取りは、リノベーションである程度理想に近づけることができても、マンション全体の修繕や管理は個人で行うことができません。

そのため、外壁の傷み・敷地内の清潔さ・駐輪場の整理・ゴミ置き場の清潔さなど、住人の方々が共通して使用する箇所の管理体制を小まめにチェックしましょう。

こういった箇所の点検・清掃・修繕が、きちんと行われているマンションであれば、住人の方々がマイホームの資産価値を高めようと努力されていることが判ります。


耐震対策はきちんと行われているか


地震大国といわれる日本では、住まいの耐震対策もとても重要なチェックポイントです。

建物の耐震性は、国が定めた耐震基準をクリアしなくてはいけませんが、現在の耐震基準は1981(昭和56)61日に施行されたものとなっています。

1981531日まで使われていた耐震基準と区別するため、現行の耐震基準を『新耐震基準』、以前の耐震基準を『旧耐震基準』と呼びます。

 

そしてリノベーション済中古マンションの中には、新耐震基準が施行される前に建てられた中古マンションもございます。

また、19816月以前建築の中古マンションで新耐震基準を満たしていない場合、住宅ローン控除を受けることができません。

(耐震基準適合証明書の交付を受けた中古マンションであれば、住宅ローン控除が適用されます)

そのため、19816月以前建築のリノベーション済中古マンションを購入する場合は、マンション全体の耐震強化や対策がきちんと行われているか、必ずご確認下さい。


まとめ


先述のように、中古マンションの管理体制と耐震対策は、決して個人の力や費用だけでどうにかできることではありません。

細かくチェックするのは大変ですが、生涯のマイホームとなる中古マンション選びで後悔することがないよう、各ポイントをしっかり確認し、慎重に選ぶことをおすすめします。

 

リノベーション済中古マンションや、リノベーション向き中古マンションをご紹介しているRENOLAZEでは、皆さまが購入後も安心して暮らせるマイホーム探しをお手伝いしております。

首都圏の中古マンション探しは、RENOLAZEまでご相談下さい。

≪ 前へ|リノベーション向き中古マンションと築年数の関係とは   記事一覧   マンションの玄関リノベをするなら上がり框にこだわってみよう|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

  • 売却
  • スタッフ紹介
  • リノレイズについて
  • 売る
  • 買う
  • お客様の声
  • 周辺施設検索
  • アクセスマップ
  • お問い合わせ
  • 会社概要

    会社概要
    株式会社RENOLAZE
    • 〒160-0004
    • 東京都新宿区四谷4丁目28-20
      パレ・エテルネル 403
    • TEL/03-6820-9188
    • FAX/03-6820-9189
    • 東京都知事 (2) 第97725号
  • モバイルサイト
  • いえらぶ不動産転職
  • SSL

    本ページは、SSL技術によって暗号化し、入力情報を保護しています。

トップへ戻る

  • LINEで簡単お問合せ