【TOP】東京リノベーションマンション情報 > 株式会社RENOLAZEのブログ記事一覧 > 中古マンション購入後にリノベーションを行う場合の流れと注意点

中古マンション購入後にリノベーションを行う場合の流れと注意点

≪ 前へ|マンション売却で譲渡損失が出た場合の確定申告は必要?不要?   記事一覧   リーズナブルな暮らしを送れる町田市の中古マンションを探そう|次へ ≫

中古マンション購入後にリノベーションを行う場合の流れと注意点

中古マンションを購入後、より理想のマイホームに近づけるために、リノベーションを計画されている方もいらっしゃるでしょう。

中古マンションの仲介だけでなく、リノベーションも行うRENOLAZEでは、購入後の施工計画のご相談も承っています。

今回は、中古マンション購入後にリノベーションを行う場合、どのような流れとなるのか、また住宅ローンの申し込みの注意点はどういう点があるのか、その点についてお話しましょう。


売買契約後から施工完了までの流れ


マンションのリノベーション


まずは、マイホームの売買契約後からの流れを見ていきます。

 

1.物件の売買契約・住宅ローンの打診

2.リノベーションについて打ち合わせ

3.住宅ローン契約

4.施工契約・決済・物件引き渡し

5.施工開始

6.施工完了・物件引き渡し

 

上記が、中古マンションの売買契約後から、施工完了までの流れとなっています。


住宅ローンはどう組む?


住宅ローン


通常、リノベーションなしでマイホームを購入する場合、申し込む住宅ローンは購入代金分のみで良いですよね。

しかしリノベーションを行う場合は、マイホームの購入代金に加えて施工費用も考慮しなくてはいけません。

どちらかを現金一括で支払うという方は、残った一方のローンを申し込めばOKですが、ほとんどの方は両方の住宅ローンの申し込みをされるでしょう。

近年は、そうしたマイホーム購入+リノベーションのニーズの高まりを受け、まとめて申し込みができる住宅ローンプランを設定している金融機関もあります。

条件は金融機関やプランによって異なりますが、こういったプランを利用することで、マイホーム購入用・リノベーション用と別々にローンを申し込む手間がありません。

一例として、『フラット35(リフォーム一体型)の申し込み条件をご紹介します。

 

1.申し込みをされる方の年齢が満70歳未満

2.年収に占める全てのローンの年間返済金額が基準値以下の方

(年収400万円未満の方なら30%以下、400万円以上の方なら35%以下が基準となります)

3.申し込みをされる方またはそのご親族が居住する、中古物件の購入資金及びリフォーム費用

4.借入額は100万円以上8,000万円以下、金利は全期間固定金利のみ

 

この他にも、フラット35(リフォーム一体型)の申し込みには様々な条件がございます。

フラット35(リフォーム一体型)も含め、マイホーム購入+リノベーション一体型の住宅ローンを申し込む方は、事前に各金融機関の詳細や注意事項をご確認下さい。


まとめ


中古マンション購入後のリノベーションは、施工なしのケースと比較すると、若干流れが異なったり、住宅ローンの申し込みの注意点が増えます。

ワンストップ型の中古マンションのリノベーションを行っているRENOLAZEが、皆さまそれぞれに合った施工プランやローンプランをご提案いたしますので、お気軽にご相談下さい。
≪ 前へ|マンション売却で譲渡損失が出た場合の確定申告は必要?不要?   記事一覧   リーズナブルな暮らしを送れる町田市の中古マンションを探そう|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

  • 売却
  • スタッフ紹介
  • リノベーション事例・プラン
  • リノレイズについて
  • 売る
  • 買う
  • お客様の声
  • 周辺施設検索
  • アクセスマップ
  • お問い合わせ
  • KEIAIサイトへ
  • 会社概要

    会社概要
    株式会社RENOLAZE
    • 〒160-0004
    • 東京都新宿区四谷4丁目28-20
      パレ・エテルネル 403
    • TEL/03-6820-9188
    • FAX/03-6820-9189
    • 東京都知事 (2) 第97725号
  • モバイルサイト
  • SSL

    本ページは、SSL技術によって暗号化し、入力情報を保護しています。

トップへ戻る

  • LINEで簡単お問合せ