東京中古マンション情報 > 株式会社RENOLAZEのブログ記事一覧 > 【リノベーション解説5】中古マンションの売買契約と施工の関係性

【リノベーション解説5】中古マンションの売買契約と施工の関係性

≪ 前へ|【リノベーション解説4】リノべ中古マンションの購入申し込み   記事一覧   新宿区のオフィス街に近いマンション・ディオレ西新宿で暮らそう|次へ ≫

【リノベーション解説5】中古マンションの売買契約と施工の関係性

物件選びから購入申し込み・住宅ローンの申し込みと、中古マンションの売買契約ではやるべきことがたくさんあります。

そして、同時にリノベーションを計画される場合は、プランの立案から打ち合わせ・見積確認と、こちらも重要な工程があります。


前回までは、売買契約やリノベーションの流れの前半となる住宅ローンの事前審査までをご紹介しましたが、今回は後半の本審査や施工契約の部分についてのお話です。


リノベーション・売買契約・ローンの関係性


売買契約済のリノベーション物件


過去の記事でもご紹介したように、住宅ローンは事前審査と本審査の2段階審査が行われます。

事前審査と本審査は、それぞれ審査対象となる項目が異なるため、事前審査を通過したからといって必ず本審査も通過できるとは限りません。

 

関連記事:不動産購入の流れで必ず行う住宅ローンの審査。あなたは大丈夫?

 

なお、審査に通過しなかった原因として考えられるケースで多いのが、申し込みをされた名義人の方の与信状況や健康状態です。

スムーズに審査を通過できる可能性を高めるためにも、ローンの申し込み前には、審査結果を左右しそうな点を整理しておくと良いでしょう。

 

関連記事:住宅ローンの審査が通らない!?考えられる2つの原因と解決法


リノベーションの施工契約はローン契約後


リノベーション前のローン契約


中古マンションのリノベーションを行う場合、施工契約は住宅ローンの契約後となります。

つまり、本審査を通過してローンの契約が成立しない限りは、いつまでも着工することができません。

本審査も事前審査同様に、金融機関毎で審査を行う期間が異なるため、結果を知るタイミングが予定より遅くなる可能性もあります。

 

着工のタイミングが遅くなると、その分引き渡しや引っ越しのタイミングも遅くなります。

そのため、中古マンションの購入計画とリノベーションの施工計画を立てる時は、各工程のスケジュールを逆算して計画を立てることも意識しましょう。


まとめ


中古マンションの購入とリノベーションの計画を同時に行う場合は、売買契約のスケジュールとリノベーションの施工スケジュールが密接に関係します。

売買契約直後からスムーズにリノベーションを着工できるよう、計画は慎重に考えて立てましょう。

 

私達RENOLAZEでは、中古マンションのご紹介やリノベーションの施工を行っております。

無理なく順調に進めることができる、売買契約+リノベーションの計画についてのご相談は、RENOLAZEへお気軽にご相談下さい。

ホームページでは、売買契約+リノベーションの流れもご紹介していますので、計画を立てる際はそちらもぜひご参照下さい。

≪ 前へ|【リノベーション解説4】リノべ中古マンションの購入申し込み   記事一覧   新宿区のオフィス街に近いマンション・ディオレ西新宿で暮らそう|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

  • 売却
  • スタッフ紹介
  • リノベーション事例・プラン
  • リノレイズについて
  • 売る
  • 買う
  • お客様の声
  • 周辺施設検索
  • アクセスマップ
  • お問い合わせ
  • KEIAIサイトへ
  • 会社概要

    会社概要
    株式会社RENOLAZE
    • 〒160-0004
    • 東京都新宿区四谷4丁目28-20
      パレ・エテルネル 403
    • TEL/03-6820-9188
    • FAX/03-6820-9189
    • 東京都知事 (2) 第97725号
  • モバイルサイト
  • SSL

    本ページは、SSL技術によって暗号化し、入力情報を保護しています。

トップへ戻る

  • LINEで簡単お問合せ