【TOP】東京リノベーションマンション情報 > 株式会社RENOLAZEのブログ記事一覧 > リノベーション向き中古マンションの選び方はこの2つに注目!

リノベーション向き中古マンションの選び方はこの2つに注目!

≪ 前へ|中古マンションは購入後何年住める?それを判断する2つの注意点とは   記事一覧   利用前に要チェック!中古マンションの駐車場の種類と特徴|次へ ≫

リノベーション向き中古マンションの選び方はこの2つに注目!

今あるものを作り変えて、より自分好みのものを形にする。

DIYが流行している最近は、小さいものから大きなものまで自分で作って楽しむ方が増えてきました。

そしてその影響はマイホーム選びにも表れており、あえて中古マンションを購入してリノベーションし、思い描いていた空間を生み出したいという方も増えています。

そんな方々がリノベーション目的で中古マンションを選ぶなら、どんな点に気を付けたら良いのでしょうか。


リノベーション向き中古マンションの選び方① 建物の構造の確認


リノベーションをする中古マンションの構造


リノベーション向き中古マンションを選ぶ最初のポイントは、建物の構造の確認です。

とは言っても、鉄筋コンクリート造なのか鉄骨鉄筋コンクリート造なのかということではなく、『壁式構造』か『ラーメン構造』かがカギとなります。

 

壁式構造は、床と壁で建物全体を支える構造で、ラーメン構造は梁と柱で建物を支えます。

例えば、間取り変更のリノベーションをご希望の場合、壁式構造だと建物を支える強度が弱くなってしまうため、壁を取り払って間取りを変更することができません。

一方、ラーメン構造は梁と柱を取り除くことはできませんが、壁を取り払うことはできるため、間取り変更が可能となります。

 

ちなみに、ラーメン構造の『ラーメン』は、ドイツ語で『枠』や『骨組み』という意味で、決して食べるラーメンが由来ではありません。


リノベーション向き中古マンションの選び方② 管理状態の確認


リノベーションをする作業員のイラスト


リノベーション向き中古マンションを選ぶ2つ目のポイントは、管理状態の確認です。

これは、中古マンション全体の共用部分や共用設備がどれだけ適切に管理されているかという点に加えて、専有部分の管理状態も確認しなくてはなりません。

例えば、購入後にリノベーションをしようと計画を立てていたら、思わぬ箇所で傷みや不具合が見つかって、その修繕も必要になり予想外の出費となった…という可能性もあるでしょう。

 

購入後すぐに修繕が必要になるとしても、それを把握していれば予想外の出費に慌てることもないですし、それも踏まえたうえでリノベーション計画を再検討することもできます。

そのため、中古マンションの購入前には、売主様にこれまでの修繕履歴や管理状態をしっかり確認しましょう。

また、共用部分の管理状態は、マンションの管理組合や管理会社へ問い合わせると判ります。


まとめ


中古マンションのリノベーションはワクワクする反面、建物の構造や管理状態によっては必ずしも理想の住まいを実現できないこともあります。

せっかく憧れのマイホームを形にするのですから、今回ご紹介した選び方をしっかりチェックして、満足度の高い施工を行いましょう。

リノベーション向き中古マンションをお探しなら、RENOLAZEにお任せください。

RENOLAZEは物件紹介だけでなく、リノベーションの設計や施工も承っておりますので、その点についてもぜひご相談ください

≪ 前へ|中古マンションは購入後何年住める?それを判断する2つの注意点とは   記事一覧   利用前に要チェック!中古マンションの駐車場の種類と特徴|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

  • 売却
  • スタッフ紹介
  • リノベーション事例・プラン
  • リノレイズについて
  • 売る
  • 買う
  • お客様の声
  • 周辺施設検索
  • アクセスマップ
  • お問い合わせ
  • KEIAIサイトへ
  • 会社概要

    会社概要
    株式会社RENOLAZE
    • 〒160-0004
    • 東京都新宿区四谷4丁目28-20
      パレ・エテルネル 403
    • TEL/03-6820-9188
    • FAX/03-6820-9189
    • 東京都知事 (2) 第97725号
  • モバイルサイト
  • SSL

    本ページは、SSL技術によって暗号化し、入力情報を保護しています。

トップへ戻る

  • LINEで簡単お問合せ