【TOP】東京リノベーションマンション情報 > 株式会社RENOLAZEのブログ記事一覧 > 中古マンションの住み替え、買い先行のメリットとデメリットは?

中古マンションの住み替え、買い先行のメリットとデメリットは?

≪ 前へ|中古マンションを売却するならリノベーションは必要?不要?   記事一覧   売却したい中古マンションの価格相場や査定額を知るための要点は?|次へ ≫

中古マンションの住み替え、買い先行のメリットとデメリットは?

今住んでいる中古マンションから住み替えの検討をしていると、今住んでいる物件を先に売却するか、それとも新しく住む家を先に購入するか迷いますよね。

先に売却をすることを「売り先行」、先に購入することを「買い先行」と呼びます。

どちらの方法も、中古マンションの住み替えをする際にはメジャーな方法ですが、今回は「買い先行」について、メリット・デメリットをまとめます。


お金

 

中古マンション住み替え・買い先行とは


買い先行とは、今住んでいる物件が売れる前に、新しい家を購入することを言います。

新居を探すときに、じっくり探したい・妥協をしたくない人向けの方法です。

今住んでいる家の退去日が決まる前に焦らずに新居探しをして、自分が本当に納得できる家を見つけて購入できますよ。

 

中古マンション住み替え・買いを先行するメリット


メリットは「新居をじっくり選べて、仮住まいが必要ない点」です。

家の退去日・引き渡し日が決まっていないので、満足のいく家を見つけるまで追われるものもなく、じっくりと考えることができます。

せっかく中古マンションからの住み替えをするならば、きちんと家族全員が満足いく新居に住みたいですよね。

売却が先に済んだ後、納得いく家が見つからなければ、仮住まいを探さないといけません。

買い先行だとそのまま新居へ引っ越しができますので、引越しは一度で済みます。

 

中古マンション住み替え・買いを先行するデメリット


デメリットは「売却が決まらず二重ローンになる可能性があり、急いで売らないといけない点」です。

新しい家が決まっても今住んでいる家が売れなかった場合、引っ越し先のローンと、売りたい家のローンと両方払うことになる場合があります。

引っ越しなどの費用もあるのに、元住んでいた家のローンもとなると負担が大きいですね。

これを避けるために急いで売却先を探そうと思うと、何件も不動産屋で査定をしてもらう手間を省いて、納得いかない価格でも売ってしまう…ということもあります。

また、納得いく見積もりをしてもらえたとしても、買い手が見つからないこともあります。

さらに、二重ローンを避けるために、価格を下げるように提案されることもありますので、満足のいく価格で売却できないケースがあります。


どうする

 

まとめ


今回は中古マンションの住み替えの、買い先行のメリット・デメリットについてまとめました。

住み替えはタイミング次第で、掛かるお金が大きく変わってきます。

なるべく、負担が少なく住み替えができるように祈っております。

中古マンションの売却・住み替えのご相談は、RENOLAZEまでぜひお寄せください

≪ 前へ|中古マンションを売却するならリノベーションは必要?不要?   記事一覧   売却したい中古マンションの価格相場や査定額を知るための要点は?|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

  • 売却
  • スタッフ紹介
  • リノベーション事例・プラン
  • リノレイズについて
  • 売る
  • 買う
  • お客様の声
  • 周辺施設検索
  • アクセスマップ
  • お問い合わせ
  • KEIAIサイトへ
  • 会社概要

    会社概要
    株式会社RENOLAZE
    • 〒160-0004
    • 東京都新宿区四谷4丁目28-20
      パレ・エテルネル 403
    • TEL/03-6820-9188
    • FAX/03-6820-9189
    • 東京都知事 (2) 第97725号
  • モバイルサイト
  • SSL

    本ページは、SSL技術によって暗号化し、入力情報を保護しています。

トップへ戻る

  • LINEで簡単お問合せ