東京中古マンション情報 > 株式会社RENOLAZEのブログ記事一覧 > 売る?貸す? マンションの今後を考える

売る?貸す? マンションの今後を考える

≪ 前へ|マンションの売却益? 売却時にかかる税金あれこれ    記事一覧   青色申告は使える? マンション売却後の確定申告|次へ ≫

売る?貸す? マンションの今後を考える

カテゴリ:中古マンション NEWS

住み替えや転勤、投資用など、所有しているマンションに居住しない理由は様々。

 

手元に置いて誰かに貸すか、それとも売って手放すか。

 

どっちを選択するか、悩みはつきませんね。

 

賃貸か、売却か、それぞれのメリットをご紹介します。

 

マンションを賃貸に出すメリット


マンション売る、貸す?


貸すことの最大のメリットは、借り主が入れば、定期的な家賃収入が見込めることです。

 

住宅ローンの返済額より高く貸せれば、差額はそのまま収入になりますね。

 

また、礼金も収入となります。

 

分譲マンションは一生住むという前提から、賃貸専用マンションに比べ、造りや設備が立派な傾向があり、その分高く貸せることがあります。

 

さらに、自分で住む家ではなく、投資という事業をしていることになるため、固定資産税や住宅ローンの金利が経費として計上できます。

 

結果、収める税金の額が減ることもあります。

 

マンションを売るメリット


マンションを売ることで、売却代金が手に入る、というのは大きなメリット。

 

基本的に、マンションも古くなるほど相場も低くなっていきますから、売るなら新しい内の方がいいですものね。

 

部屋の維持管理、修繕積立、固定資産税の支払いなど、マンションを維持するための費用を考えなくてよくなります。

 

また、空室リスクで住宅ローンだけが出ていく状態や、借り主とのトラブルなどもなくなりますね。

 

日本では、貸主より借主の権利のほうが強い傾向があります。

 

もし退去時にトラブルがあれば、またマンションに戻って住む、なんてことを言ってられなくなるかもしれません。

 

マンションを売る際には、残りのローンの全額を一括で払い、抵当権を抹消する必要があります。

 

売却して得たお金を、その返済にあてることができますね。

 

いつか戻るなら、定期借家契約


海外出張に数年行き、その後戻る、というような場合はどっちを選ぶなどではなく、売る選択肢はないでしょう。

 

空き部屋にしておくより貸すほうが利益もでるし貸しておこう、と思いますよね。

 

貸すにしても、貸主都合で契約を変更することは、ほぼできません。

 

借主保護の傾向がある日本では、たとえ家賃を滞納していても、退去してもらうのはなかなか難しいことなのです。

 

こんなことがないように、貸す期間を決めた「定期借家契約」がおすすめです。


メリットはどっち?


まとめ


 ご紹介したように、マンションを売るにしても、貸すにしても、それぞれメリットは存在します。

 

数年後、数十年後、どっちが金額的に得をしたか、というのも、その時になってみないと分かりません。

 

でもやはり、空室リスクや経年劣化による価値の下落、管理費や維持費などの出費が続くことに不安や負担を覚えるならば、スパッと売却をおすすめします。

 

すぐ売却したいのか、時間はかかってもじっくり売却相手を見つけたいのか、あなたの気持ちを汲んでくれる不動産業者に、お願いしたいものですね。

 

中古マンションの売却を検討中あるいはお悩みの方は、ぜひRENOLAZEまでご相談ください

≪ 前へ|マンションの売却益? 売却時にかかる税金あれこれ    記事一覧   青色申告は使える? マンション売却後の確定申告|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

  • 売却
  • スタッフ紹介
  • リノベーション事例・プラン
  • リノレイズについて
  • 売る
  • 買う
  • お客様の声
  • 周辺施設検索
  • アクセスマップ
  • お問い合わせ
  • KEIAIサイトへ
  • 会社概要

    会社概要
    株式会社RENOLAZE
    • 〒160-0004
    • 東京都新宿区四谷4丁目28-20
      パレ・エテルネル 403
    • TEL/03-6820-9188
    • FAX/03-6820-9189
    • 東京都知事 (2) 第97725号
  • モバイルサイト
  • SSL

    本ページは、SSL技術によって暗号化し、入力情報を保護しています。

トップへ戻る

  • LINEで簡単お問合せ