東京中古マンション情報 > 株式会社RENOLAZEのブログ記事一覧 > マンション売却・買い替えにおススメのローン!つなぎ融資とは?

マンション売却・買い替えにおススメのローン!つなぎ融資とは?

≪ 前へ|アプリを使った新宿区の子育て支援の魅力   記事一覧   不動産売却にはまず登記事項証明書の準備を|次へ ≫

マンション売却・買い替えにおススメのローン!つなぎ融資とは?

「つなぎ融資」という言葉をご存知でしょうか?

 

これはその名の通り、暫定的に利用できる短期間の住宅ローンを意味し、マンションなど物件の購入や買い替えのための不動産売却の際に用いる融資のことをいいます。

 

マンションや不動産を購入、あるいは買い替えする際、最も問題となりやすいのはやはり資金的な面だと思います。

 

特にマンションの買い替えの時には、「新しい物件に引っ越したいが、マンションがまだ売れていないので物件の購入ができない」といった問題が発生しがちです。

 

そんな時に便利なのが「つなぎ融資」です。

 

ここでは「つなぎ融資」を利用する際のメリットやデメリット、注意点をご紹介していきます。


つなぎ融資のメリット


つなぎ融資


物件の買い替え方法には、住んでいるマンションを先に売却してから新居を購入する「売り先行」と、新居を先に購入してからマンションを売却する「買い先行」の二つがあります。

 

「買い先行」の場合、売却予定の物件が売れなければ資金が手に入らず、また売却物件にローンが残っていた場合などは新居のローンと売却物件のローンで二重に住宅ローンが発生し、更に購入物件の頭金なども必要となってきますので資金面ではかなり苦しくなる可能性があります。

 

そこで、つなぎ融資を用いて頭金などの資金を用意すれば、当面の資金調達が可能となり、物件が売れるタイミングを気にせず、新居への引っ越し行うことができるようになります。

 

買い先行によって売り易さと買い易さの両方を手に入れることができ、自己資金の負担を軽減が可能になります。


つなぎ融資のデメリット


つなぎ融資はあくまでも暫定的なローンのため、いくつかのデメリットも発生します。

 

一つには、あくまでも住宅ローンであるため、返済時には利子や各種手数料を払わなければいけません。

 

また、ローン期間が612ヶ月程度であるため、その期間内に売却を行わないといけません。

 

このため、あまりにも長い間物件が売れないままだと、「つなぎ融資」が余計なローンとして、家計を圧迫してしまう可能性もあります。


つなぎ融資利用時の注意点


つなぎ融資


利用時の注意点としては、物件が売れず予定していた金額が手に入らなかった場合の負担が挙げられます。

 

このため、融資を利用する際には出来るだけ物件の売却目処が立った状態で融資の申請を受ける方が安心です。

 

また、融資を受ける際には、まず物件の査定を不動産会社に依頼し、融資を受けられるかどうかを確認する必要があります。

 

仮に受けられたとしても、物件の査定価格によっては想定よりも低い金額の融資となることにもご留意しておいてください。


まとめ

 

「つなぎ融資は」とはマンションを売る際の売却価格を前借りすることです。

 

「つなぎ融資」を当てにして売却計画を立てるのは無理がありますので、まずは物件の査定や売却計画をしっかりと立てた上で、不足分を補うためと融資を受けることが適切な運用だといえます。

 

中古マンション購入をお考えの際は、株式会社RENOLAZEへお気軽にご相談下さい

≪ 前へ|アプリを使った新宿区の子育て支援の魅力   記事一覧   不動産売却にはまず登記事項証明書の準備を|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

  • 売却
  • スタッフ紹介
  • リノベーション事例・プラン
  • リノレイズについて
  • 売る
  • 買う
  • お客様の声
  • 周辺施設検索
  • アクセスマップ
  • お問い合わせ
  • KEIAIサイトへ
  • 会社概要

    会社概要
    株式会社RENOLAZE
    • 〒160-0004
    • 東京都新宿区四谷4丁目28-20
      パレ・エテルネル 403
    • TEL/03-6820-9188
    • FAX/03-6820-9189
    • 東京都知事 (2) 第97725号
  • モバイルサイト
  • SSL

    本ページは、SSL技術によって暗号化し、入力情報を保護しています。

トップへ戻る

  • LINEで簡単お問合せ