東京中古マンション情報 > 株式会社RENOLAZEのブログ記事一覧 > 離婚に伴うマンション売却!スムーズに進めるポイント

離婚に伴うマンション売却!スムーズに進めるポイント

≪ 前へ|今年の新宿の基準地価を発表!公示地価との違いや2018年の動向は?   記事一覧   中古マンションが売れない理由はここにあった!物件見学編|次へ ≫

離婚に伴うマンション売却!スムーズに進めるポイント

離婚することになった場合、夫婦の共有財産を清算する必要があります。

 

貯金や有価証券であれば分割できますが、マンションは簡単に分けられないので、離婚時の財産分与でトラブルになるケースが増えています。

 

そこで今回は、離婚に伴うマンション売却の問題点と、スムーズにマンションを売却するためのポイントについてご紹介します。


 離婚に伴うマンション売却


離婚に伴うマンション売却の問題点

 

離婚に伴うマンション売却の問題点は、「財産分与が難しい」ということでしょう。

 

マンションが住宅ローン残高を上回る金額で売れた場合、利益を清算すればよいので、比較的スムーズに財産分与できます。

 

しかし、最近は地価が下がっている地域も多く、それにつれて建物の価値も下がるケースが多くなっています。

 

住宅ローン残高を上回る金額で売却できない場合、残りのローンを支払う必要がありますが、夫と妻のどちらが負担するかでもめるケースが多く見られます。

 

スムーズにマンションを売却するポイント

 

1      マンションの権利関係を把握する

 

マンションを売却すると決めたら、マンションに関する権利関係を把握しておく必要があります。

 

まずは法務局に行って不動産の登記簿謄本を取得し、「マンションが誰の名義になっているか」「抵当権などの担保権が設定されているか」といった情報を確認しましょう。

 

住宅ローンの契約書も見直して、「誰がローンを返済する義務を負っているか」「誰が連帯保証人なのか」といった情報を確認しておいたほうがよいでしょう。

 

2      不動産会社にマンションの査定を依頼する

 

マンションの権利関係を調べたら、不動産会社にマンションの状態を説明して時価を査定してもらいましょう。

 

1社だけだと適当な査定か不明なので、数社に査定してもらうことをオススメします。

 

3      任意売却も要検討

 

離婚で住宅ローンを支払えなくなる可能性があるときは、早めに金融機関に相談して任意売却を検討してみてください。

 

住宅ローンを滞納してしまうと、金融機関にマンションを差し押さえられて、競売にかけられてしまう可能性があります。

 

競売は手間がかかるうえに安く売ることになるので、金融機関としても競売よりは任意売却を希望すると考えられます。

 

離婚に伴うマンション売却


まとめ

 

以上、離婚に伴うマンション売却の問題点と、スムーズにマンションを売却するためのポイントについてご紹介しました。

 

マンションを売却すると決めたら、早めにマンションの状態を調べて、金融機関に相談してみてください。

 

RENOLAZEでは、中古マンションの売却査定を行っておりますので、お気軽に当社スタッフまでご相談くださいませ。


≪ 前へ|今年の新宿の基準地価を発表!公示地価との違いや2018年の動向は?   記事一覧   中古マンションが売れない理由はここにあった!物件見学編|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

  • 売却
  • スタッフ紹介
  • リノベーション事例・プラン
  • リノレイズについて
  • 売る
  • 買う
  • お客様の声
  • 周辺施設検索
  • アクセスマップ
  • お問い合わせ
  • KEIAIサイトへ
  • 会社概要

    会社概要
    株式会社RENOLAZE
    • 〒160-0004
    • 東京都新宿区四谷4丁目28-20
      パレ・エテルネル 403
    • TEL/03-6820-9188
    • FAX/03-6820-9189
    • 東京都知事 (2) 第97725号
  • モバイルサイト
  • SSL

    本ページは、SSL技術によって暗号化し、入力情報を保護しています。

トップへ戻る

  • LINEで簡単お問合せ