東京中古マンション情報 > 株式会社RENOLAZEのブログ記事一覧 > 中古マンションを売却する、チラシの上手な作り方は?

中古マンションを売却する、チラシの上手な作り方は?

≪ 前へ|効率的に中古マンションを売却する方法とは?   記事一覧   チラシ作成の一工夫で、中古マンションが高値で売れるかも?|次へ ≫

中古マンションを売却する、チラシの上手な作り方は?


どんなに魅力的な中古マンションでも、その宣伝方法であるチラシの内容がイマイチでは、せっかくの売却チャンスも逃してしまうかもしれません。

 

チラシという媒体で、キャッチコピーを上手に使って購入者を惹く方法を考えてみます。


中古マンションのキャッチコピー

 

ターゲットを絞ったチラシは、売却できる可能性大!

 

不動産に関わらず、やはり何かを売るときには、その商品の魅力をどう相手に伝えるかがキモになります。

 

「相手想い」の目線でチラシを作成し、購入者の気持ちを惹くことがポイントです。

 

そこで、その内容を作成する上で大切なのは、ターゲットを絞ることです。

 

例えば、単に30代から40代後半のファミリーといった曖昧なものではなく、夫婦それぞれの年齢や子供の年齢、職業、趣味、ペットの有無、最終学歴等など…。

 

詳細を背景に思い描きながら作成することで、かなりの確率でピンポイントにターゲットを絞り込むことが可能です。

 

そしてその方々から問い合わせがあれば、成立という流れになる可能性もかなり高くなります。


中古マンションの上手な売却方法

 

ありきたりのキャッチコピーより、情景がイメージできる文章を

 

チラシに掲載されている基本的な情報として、「築○○年」、「敷地面積」、「○○駅まで徒歩10分」といった内容で作成されているものが多々あります。

 

情報として大切な部分ですが、それ以上に中古マンションの購入希望者のイメージに沿った背景を連想してもらえるような、キャッチコピーや文章を添えることが肝心です。

 

「心臓外科で権威のある〇〇病院が、家のすぐ裏手にあります」、「交番を通って○○小学校へ通えるので、安心して地域全体で子供を見守ることができます」…。

 

その街にまるで住んでいるかのような印象を、簡単に連想できるような文面も加えることで、ぐっと気持ちの距離も近くなるでしょう。

 

また、不動産会社の連絡先を大きく分かりやすく明記する、物件の所在町名を明確に伝える、といった基本中の基本のことも上手く工夫して記載しましょう。

 

まとめ

 

購入希望者を惹くチラシというのは、一目見てピン!とくる「何か」があるものではないでしょうか。

 

せっかく売却したい中古マンションも、ただただ不動産専門用語を並べたものや、基本情報が箇条書きで記載されただけ…では、手にも取ってくれないでしょう。

 

やはりチラシを見ている人が、見ていて「楽しい」と思えるようなものを作成することも、非常に大切です。

 

チラシのおかげで、良い条件で中古マンションを売却することができ、購入者にも喜んでもらえるよう、魅力的なチラシを作成したいですね。

 

私たちRENOLAZEでは、中古マンションの売却査定を行っておりますので、何かご不明な点等ございましたら、お気軽に当社スタッフまでお問い合わせくださいませ。

≪ 前へ|効率的に中古マンションを売却する方法とは?   記事一覧   チラシ作成の一工夫で、中古マンションが高値で売れるかも?|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

  • 売却
  • スタッフ紹介
  • リノベーション事例・プラン
  • リノレイズについて
  • 売る
  • 買う
  • お客様の声
  • 周辺施設検索
  • アクセスマップ
  • お問い合わせ
  • KEIAIサイトへ
  • 会社概要

    会社概要
    株式会社RENOLAZE
    • 〒160-0004
    • 東京都新宿区四谷4丁目28-20
      パレ・エテルネル 403
    • TEL/03-6820-9188
    • FAX/03-6820-9189
    • 東京都知事 (2) 第97725号
  • モバイルサイト
  • SSL

    本ページは、SSL技術によって暗号化し、入力情報を保護しています。

トップへ戻る

  • LINEで簡単お問合せ