【TOP】東京リノベーションマンション情報 > 株式会社RENOLAZEのブログ記事一覧 > マンション相続で考えられるトラブルや売却時期は?

マンション相続で考えられるトラブルや売却時期は?

≪ 前へ|売却時の譲渡所得税控除の特例と購入時の住宅ローン控除はどっちがお得?   記事一覧   マンションの売却で利益が出た年は、ふるさと納税がおすすめ!|次へ ≫

マンション相続で考えられるトラブルや売却時期は?

 

現在、親がマンションに住んでいる場合は、将来そのマンションを相続する可能性があります。

 

しかしマンションは、相続する不動産の中でも一番お金がかかるものです。

 

今回はマンションを相続する時に備えて、知っておきたい知識をまとめました。


マンションの風景

 

相続人が複数いるとトラブルになりやすい

 

マンションを相続することになっても、すでに持ち家があったり、遠方に住んでいる場合は、自分は住まないことになります。

 

そうなると、ただ所有しているだけでも管理に手間やお金がかかってしまうため、売却を考えるケースも多いでしょう。

 

こうした場合に、相続人が自分一人であれば特に問題ないのですが、複数人の場合は、都度話し合って決めることが必要になります。

 

二人程度ならまだ話もスムーズにいくことが多いですが、三人以上となるとそれぞれの意思や事情も異なるため、トラブルになることが少なくありません。

 

全員が納得できる結論が出るとよいのですが、売却する場合は早く手続きしてしまったほうが税金も安く済むため、話し合いに時間がかかるのはデメリットが多いと言えます。

 

年数が経つと、マンションはどんどん売れにくくなっていく

 

売却を視野に入れている場合、マンションの価値が年数とともにどんどん下がっていくことも頭に入れておかなくてはなりません。

 

一般的に築年数が古くなるほど売れにくくなり、売却価格も低くなります。

 

さらに、マンションを所有している間は固定資産税や維持管理費などの支払いも発生し続けます。

 

売却するか所有し続けるか、悩んでいる場合は専門家に相談するなどして、早めに方向性を決めるほうがよいでしょう。


マンションにかかる税金

 

相続が決定したら、なるべく早く動くのがカギ

 

いずれにしても、早く動いたほうが税金や月々に発生する支払いは少なくなります。

 

相続時の税金だけでなく、見込まれる収入や支払いなどについても考えたうえで、どのようにするかをしっかり話し合っておくのがベストでしょう。

 

特にここ数年でマンションの数は急激に増えており、売りたくても売れない状況という方も少なくありません。

 

残された財産を有効に活用できるよう、様々な視点から考えてみてください。

 

まとめ

 

思い入れのある家だったり、相続人が複数人いる場合などは、意思決定に時間がかかってしまうのも仕方ないと思います。

 

ですが、悩んで動けずにいる間も支払いが発生し続けるのはもったいないので、早めに専門家に相談するなど、第三者の力を借りることも考えてみてくださいね。

 

私たちRENOLAZEでは、中古マンションの売却査定も行っておりますので、お気軽に当社スタッフまでお問い合わせくださいませ。

≪ 前へ|売却時の譲渡所得税控除の特例と購入時の住宅ローン控除はどっちがお得?   記事一覧   マンションの売却で利益が出た年は、ふるさと納税がおすすめ!|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

  • 売却
  • スタッフ紹介
  • リノベーション事例・プラン
  • リノレイズについて
  • 売る
  • 買う
  • お客様の声
  • 周辺施設検索
  • アクセスマップ
  • お問い合わせ
  • KEIAIサイトへ
  • 会社概要

    会社概要
    株式会社RENOLAZE
    • 〒160-0004
    • 東京都新宿区四谷4丁目28-20
      パレ・エテルネル 403
    • TEL/03-6820-9188
    • FAX/03-6820-9189
    • 東京都知事 (2) 第97725号
  • モバイルサイト
  • SSL

    本ページは、SSL技術によって暗号化し、入力情報を保護しています。

トップへ戻る

  • LINEで簡単お問合せ