東京中古マンション情報 > 株式会社RENOLAZEのブログ記事一覧 > マンションを売却したい!競合物件との価格の考え方

マンションを売却したい!競合物件との価格の考え方

≪ 前へ|登記手続きに必要!登記簿謄本・登記済権利証とは   記事一覧   マンション低層階でも高く売却できるアピール方法とは|次へ ≫

マンションを売却したい!競合物件との価格の考え方

 

いざマンションを売却しよう、と思った時、同じマンション内で競合物件が出るということは集合住宅のマンションならではの現象です。

 

仮に自宅ともう一つの部屋2つのみ売りに出されていて、価格差は無いのに、向こうの部屋ほうが上層階だったり、床面積が広かったりしたら?

 

そういった時にどうしたらよいのか、考えていきましょう。


マンションの外観

 

マンションは売却しやすい?

 

マンションは、土地や戸建てに比べて売りやすいものだと言われています。

 

その部屋を気に入るか気に入らないかで、買い手にとって決断を下す判断材料が限られているためです。

 

また、過去に同じマンションの部屋が売りに出されて成約している場合、事例として価格相場などがつかみやすいのも挙げられます。

 

それは売り手にとっても同様で、現在価格が戸建てに比べて分かりやすいといったメリットがあります。

 

マンションの売却ポイント① 競合物件に要注意!

 

自宅のマンションを売りに出そうとした場合、気をつけなくてはならないのは同時期に販売されている競合物件の存在です。

 

仮に同じ間取り、同じ広さで自宅より上層階の物件が売りに出されていた場合、その販売価格を参考にしなくてはなりません。

 

そしてその物件の販売期間にも注目する必要があります。

 

その物件が売りに出ている期間が長い場合、その価格設定だと高すぎる可能性があり、それを上回る価格設定では売却は厳しくなってしまいます。

 

また、自宅を売りに出したのは良いが競合物件が値下げを行い、自宅と同じ価格になってしまった場合も金額を調整しなくてはなりません。

 

結局、競合物件が売れるまでは、自宅のマンションはいつまで経っても売れなくなってしまう可能性が出てきます。


売却時の価格

 

マンションの売却ポイント② 売却時期をずらす

 

マンションの規模が大きければ大きいほど競合物件が出てくる可能性は高まり、

複数の売り物がすでに出ているときの売却ほど難しいものはありません。

 

そういった時はいっそのこと売却時期をずらしてしまうことも一つの方法です。

 

同じマンションで複数の売り物があれば売却価格の予測も立てやすいでしょう。

 

それを確認し、自分の希望する売却額に至らない、または競合物件が多数あり、その動向に振り回されてしまう懸念がある場合、時期をずらすのも方法です。

 

まとめ


 

マンションの売却は戸建てに比べたらやりやすいですが、自宅より条件がいい部屋が売りに出た場合はその限りではありません。

 

不動産業者は「販売期間をずらしましょう」と提案をしてくることは少ないですが、売主の利益の為にあえてそういう提案をしてくれる業者もいます。

 

自宅マンションの売却が必要になった場合、まずは相談をしてみましょう。

 

RENOLAZEは、関東を中心に中古マンションのリフォーム・リノベーションを行っております。

 

不動産の売却をお考えの方はぜひRENOLAZEお気軽にご相談下さい。

≪ 前へ|登記手続きに必要!登記簿謄本・登記済権利証とは   記事一覧   マンション低層階でも高く売却できるアピール方法とは|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

  • 売却
  • スタッフ紹介
  • リノベーション事例・プラン
  • リノレイズについて
  • 売る
  • 買う
  • お客様の声
  • 周辺施設検索
  • アクセスマップ
  • お問い合わせ
  • KEIAIサイトへ
  • 会社概要

    会社概要
    株式会社RENOLAZE
    • 〒160-0004
    • 東京都新宿区四谷4丁目28-20
      パレ・エテルネル 403
    • TEL/03-6820-9188
    • FAX/03-6820-9189
    • 東京都知事 (2) 第97725号
  • モバイルサイト
  • SSL

    本ページは、SSL技術によって暗号化し、入力情報を保護しています。

トップへ戻る

  • LINEで簡単お問合せ