東京の仲介手数料半額・仲介手数料無料の物件情報 > 株式会社RENOLAZEのブログ記事一覧 > マンションのリノベーション前に知っておきたい、夫婦の寝室理想の広さ

マンションのリノベーション前に知っておきたい、夫婦の寝室理想の広さ

≪ 前へ|港区の保育園で4月から始まる事業とは?利用するにはどうするの?   記事一覧   リノベーション期間の目安はどれくらい?|次へ ≫

マンションのリノベーション前に知っておきたい、夫婦の寝室理想の広さ

寝室は住宅の中でもっとも過ごす時間が長いと言われており、夫婦の寝室で快適に過ごせるということは夫婦円満の秘訣でもあります。

 

快適に過ごすために「広さ」は重要な要素ですが、寝室にどれくらいの広さがあれば丁度良いのでしょうか。

 

中古マンションを購入しこれから寝室をリノベーションしようと考えている方は、是非確認してみて下さい。

 

寝室のイメージ画像


洋室:ベッドの場合の寝室に必要な広さ

 

寝室が洋室でベッドを置く場合、必要な広さはどれくらいなのでしょうか。

 

まず4.5帖で寝室を考えた時、シングルベッドを2つ、またはダブルベッドを1つ置くとギリギリの広さになってしまいます。

 

その他には何も置けず通路部分もなくなるため、どうしても他の部屋を広げたい理由がない限りはオススメできません。

 

次に6帖で考えた時、シングルベッドを2台、ダブルベッド1台ならば置くことができ、広くは無いものの通路も確保できます。

 

2人で寝る部屋の場合、最低限これくらいは必要でしょう。

 

そして6帖よりもう少し広げるとドレッサーなどの家具なども配置できて使い勝手が良くなるので、余裕があるならば広げたい所です。

 

和室:布団を敷く場合の寝室に必要な広さ

 

和室を寝室とする場合、4.5帖に二組の布団を敷くとほぼギリギリで、布団を踏まずに歩くことも難しいです。

 

また出入り口や押し入れなどのアクセスを考え、最低でも50センチほどのスペースを確保しておく必要があります。

 

6帖間になると布団を3組並べることが可能なので、夫婦ふたりの寝室として考えると余裕が生まれます。

 

ですから8帖もあればゆとりをもって過ごすことができます。

 

寝室の広さのイメージ画像


寝室の通路や家具の配置にどれくらいの広さが必要?

 

寝具の周りを通路とする時、人が最低限歩行して通れる最低の幅には50センチが必要と言われています。

 

それ以下になると寝具にぶつかり、和室の布団ならば端を踏んで歩くようになってしまいます。

 

あなたやパートナーが睡眠中にそれが気になって起きてしまうタイプの場合、適切な広さを確保しないと日々ストレスに繋がってしまいます。

 

更に、寝室にドレッサーやテレビなどを置く場合はそれ以上の広さが必要なために、寝具の大きさなども考慮して寝室の大きさを決定しましょう。

 

まとめ

 

マンションをリノベーションして寝室の大きさを決める時、洋室ならば6帖より少し大きめ、和室なら6帖で夫婦の寝室としては充分な広さになります。

 

しかし通路や家具の配置なども考えるとそれより大きいほうが何かと快適です。

 

自分自身やパートナーのことを配慮して、できるだけストレスが溜まらないような寝室を作りたいですね。

 

私たちRENOLAZEでは、中古マンションの不動産情報を豊富に取り扱っております。

 

中古マンション購入に関するご相談がありましたら、お気軽にお問い合わせくださいませ

≪ 前へ|港区の保育園で4月から始まる事業とは?利用するにはどうするの?   記事一覧   リノベーション期間の目安はどれくらい?|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

  • 売却
  • スタッフ紹介
  • リノレイズについて
  • 売る
  • 買う
  • お客様の声
  • 周辺施設検索
  • アクセスマップ
  • お問い合わせ
  • 会社概要

    会社概要
    株式会社RENOLAZE
    • 〒160-0004
    • 東京都新宿区四谷4丁目28-20
      パレ・エテルネル 403
    • TEL/03-6820-9188
    • FAX/03-6820-9189
    • 東京都知事 (2) 第97725号
  • モバイルサイト
  • いえらぶ不動産転職
  • SSL

    本ページは、SSL技術によって暗号化し、入力情報を保護しています。

トップへ戻る

  • LINEで簡単お問合せ