東京中古マンション情報 > 株式会社RENOLAZEのブログ記事一覧 > DINKS夫婦は必見!DINKS向けマンションの特徴とおすすめ間取り

DINKS夫婦は必見!DINKS向けマンションの特徴とおすすめ間取り

≪ 前へ|部屋の暑さ対策!中古マンションを「断熱リフォーム」で快適空間へ   記事一覧   出産したらお祝い金がもらえる!練馬区の「第3子誕生祝金」とは|次へ ≫

DINKS夫婦は必見!DINKS向けマンションの特徴とおすすめ間取り

マンションを探す際、価格や延床面積、立地などを吟味するのはもちろんですが、間取りについてもしっかり考えておくことで住居後の生活が快適になります。

 

今回は、子どもを持たない“DINKS(ディンクス)”にスポットをあてて、DINKS向けのマンションの特徴とおすすめの間取りをご紹介します。

 

DINKS向けのマンションの特徴


DINKS


DINKSとは「double income no kids」の頭文字を取って並べた言葉で、子どもを持たない共働きの夫婦を指します。

 

結婚後も働き方を大きく変えず、経済的な余裕と仕事面や趣味での充実を望むDINKS世帯は首都圏を中心に増え続けています。

 

最近では「DINKSマンション」という単身者向けよりは広さがあり、ファミリー向けよりはややコンパクトな物件も作られており、従来に比べ選択肢の広がりが見られます。

 

DINKS向けのマンションの多くは利便性の高い市街地に建てられており、通勤しやすい駅近物件が特に人気です。

 

バーカウンターやフィットネスジムなど大人向けの共用施設を有するマンションもあり、ファミリー向けマンションとの差別化がはかられています。

 

DINKS向けのマンションと間取り


一般的なDINKS世帯におすすめの間取りは、広めの寝室と書斎のある2LDKです。

 

夫婦でフルタイム勤務をしていると家での料理や食事にかける時間は少なく、外食も多くなりがちなのでキッチンやダイニングスペースは少しコンパクトでも問題ありません。

 

お互いに毎日くたくたで帰宅するので、リビングルームと寝室以外に一人静かに過ごせる書斎のような部屋があると便利です。

 

読書をしたり、音楽を聴いたり、持ち帰った仕事を終わらせたりといった思い思いの過ごし方ができます。

 

寝室を広めに取れば大きめのベッドを置いて快眠できますし、夫婦の起床就寝の時間がずれている場合もベッドを二台置くことでお互いに配慮し合えます。

 

一方、「仕事の休みが合わないので家にいる時間はなるべく一緒に過ごしたい夫婦」には広めのリビングがある1LDKがおすすめです。

 

お互いの気配を感じながら過ごせるので、夫婦の時間を大切にできます。

 

この他、「在宅での仕事が多い夫婦」には3LDKの間取りがおすすめです。

 

仕事をする場所は、普段の生活で出入りしない空間であることが望ましいため、お互いに一部屋ずつ個室を持つ必要があるでしょう。


間取り


まとめ


DINKS世帯の増加に伴い、間取りと立地にこだわったマンションが増えてきています。

 

夫婦の働き方や生活様式はさまざまですので、自分たちの暮らしの中で譲れないものの優先順位にしたがって間取りを決めることが大切ですね。

 

RENOLAZEでは、東京を中心にリフォーム・リノベーション済みの中古マンションを多数ご紹介しています。

 

DINKS向けの物件もご用意しておりますので、東京や神奈川、埼玉などでマイホームをお探しの方は、ぜひ当社までお問い合わせください

≪ 前へ|部屋の暑さ対策!中古マンションを「断熱リフォーム」で快適空間へ   記事一覧   出産したらお祝い金がもらえる!練馬区の「第3子誕生祝金」とは|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

  • 売却
  • スタッフ紹介
  • リノベーション事例・プラン
  • リノレイズについて
  • 売る
  • 買う
  • お客様の声
  • 周辺施設検索
  • アクセスマップ
  • お問い合わせ
  • KEIAIサイトへ
  • 会社概要

    会社概要
    株式会社RENOLAZE
    • 〒160-0004
    • 東京都新宿区四谷4丁目28-20
      パレ・エテルネル 403
    • TEL/03-6820-9188
    • FAX/03-6820-9189
    • 東京都知事 (2) 第97725号
  • モバイルサイト
  • SSL

    本ページは、SSL技術によって暗号化し、入力情報を保護しています。

トップへ戻る

  • LINEで簡単お問合せ