【TOP】東京リノベーションマンション情報 > 株式会社RENOLAZEのブログ記事一覧 > マンション売却の内覧が増える印象のよい写真の撮り方

マンション売却の内覧が増える印象のよい写真の撮り方

≪ 前へ|自転車を買わなくても大丈夫!文京区のシェアサイクル事業   記事一覧   中古マンションの売却をする際に気をつけたいアピールポイントの探し方|次へ ≫

マンション売却の内覧が増える印象のよい写真の撮り方

マンション売却の内覧が増える印象のよい写真の撮り方

マンションを円滑に売却したいなら購入希望者の内覧を増やす必要があります。
ただ単純に写真を撮るだけでは思うように反響は増えません。
今回は売却したい物件の写真を撮る際のポイントについて解説しましょう。
なかなかマンション売却がうまくいかない方はぜひ読んでみてください。

弊社へのお問い合わせはこちら

マンション売却をする際に意識したい写真の撮影ポイント

不動産はサイトやチラシに写真を掲載して見学者を募ります。
つまり、訪問したいと思えるような様子を表現する必要があるわけです。
見学者にしっかりアピールするためには、晴天時で物件がきれいに見える時を狙うとよいでしょう。
照明で明るくすることもできますが、自然な光のほうが不自然ではありません。
また、アップばかりだと「周囲環境がよくないのでは?」と判断されてしまうかもしれないので、可能な限りバランスよく引きの画角も入れましょう。
なかでも、購入希望者が意識するのがコミュニティのよさです。
興味を持ってもらうためには不快な要素は取り除きましょう。
ゴミが落ちていたり汚れが目立ったりするのはマイナスポイントです。
ただし、不動産業界では電線や布団干しなどを加工修正するのは事実と異なるため、NGとされているので気をつけましょう。

マンションを売却するために内覧を増やす写真

不動産は外観写真がトップ画像で、そのほかの設備が付属として掲載されることが多いです。
購入希望者の内覧を増やしたいなら、エントランスの防犯カメラや管理人室の集合ポスト、Wロックなどをアピールするとよいでしょう。
セキュリティは重要な要素のため、よい印象を与える工夫が必要です。
内覧前に入居後のセキュリティのイメージが湧いてくるようだとよいでしょう。
また、内装を見せるなら、整理整頓をし、きれいに掃除しましょう。
中にはペットを避ける購入希望者もいるので、毛や壁の傷は改善しておくほうが無難です。
ほかには以下のチェックポイントを網羅するとよいでしょう。

●お風呂に追い焚き機能はあるか
●浴室乾燥はついているか
●洗濯機置き場は余裕があるか
●洗面所はきれいか
●キッチンはどのような構造か


よいポイントは存分にアピールしましょう。
購入希望者の立場になってできるだけ特徴を捉えた写真を用意すると、自ずと購入希望者が増えるはずです。

まとめ

今回は売却したいマンション物件の写真を撮る際のポイントについて解説しました。
外観や共有部分、内装などの写真が少なく、具体的にイメージできなくて敬遠されることもあるので、たくさん撮影しておくほうがよいかもしれませんね。
光の入り方でも印象が変わることがあるので、1枚1枚丁寧に撮影することをおすすめします。
少しでも好条件で売却できるように工夫してみましょう。
私たちRENOLAZEは、東京都内でマンション売却を承っております。
売却をご希望の際は、ぜひお問い合わせください。
住まいをお探しの方はこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

≪ 前へ|自転車を買わなくても大丈夫!文京区のシェアサイクル事業   記事一覧   中古マンションの売却をする際に気をつけたいアピールポイントの探し方|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

  • 売却
  • スタッフ紹介
  • リノベーション事例・プラン
  • リノレイズについて
  • 売る
  • 買う
  • お客様の声
  • 周辺施設検索
  • アクセスマップ
  • お問い合わせ
  • KEIAIサイトへ
  • 会社概要

    会社概要
    株式会社RENOLAZE
    • 〒160-0004
    • 東京都新宿区四谷4丁目28-20
      パレ・エテルネル 403
    • TEL/03-6820-9188
    • FAX/03-6820-9189
    • 東京都知事 (2) 第97725号
  • モバイルサイト
  • SSL

    本ページは、SSL技術によって暗号化し、入力情報を保護しています。

トップへ戻る

  • LINEで簡単お問合せ