東京の仲介手数料半額・仲介手数料無料の物件情報 > 株式会社RENOLAZEのブログ記事一覧 > 【不動産購入】1LDKに家族3人で暮らすメリット・デメリットとは?

【不動産購入】1LDKに家族3人で暮らすメリット・デメリットとは?

≪ 前へ|不動産を購入するなら知っておきたい!カーテンの種類や費用相場を解説   記事一覧   ラーメン構造って一体なに?不動産購入するなら知っておきたいメリットとは|次へ ≫

【不動産購入】1LDKに家族3人で暮らすメリット・デメリットとは?

【不動産購入】1LDKに家族3人で暮らすメリット・デメリットとは?

夫婦でマイホームの購入を検討しているとき、物件の間取りについて迷ってしまうことも多いのではないでしょうか。
たとえば、子どもは1人とすでに決めている場合には、「1LDKに家族3人で暮らす」ことも1つの選択肢です。
後悔のない物件選びができるように、今回は1LDKの家に家族3人で暮らすメリット・デメリットを解説します。

弊社へのお問い合わせはこちら

【不動産購入】1LDKに家族3人で暮らすメリットとは?

1LDKは、8畳以上のリビングダイニングキッチンと寝室用の居室が1つある間取りです。
居住空間が2部屋のみであるため、家族揃って過ごす時間が自然に長くなります。
家族間でのコミュニケーションが取りやすいことは、1LDKに家族3人で暮らす大きなメリットといえるでしょう。
また、家事をしながらでもお子さんの様子を確認しやすい間取りであるため、お子さんのけが防止にもつながります。
掃除にかかる手間や時間を少なくできるうえに、電気代も抑えられます。
くわえて、2LDK以上の間取りの物件に比べ販売価格も比較的割安であるため、初期費用を十分に用意できない場合にも購入しやすい物件です。
生活を圧迫することもなく、余裕のある返済計画を立てられるため、いわゆる「住宅ローン地獄」にも陥りにくいといえるでしょう。

【不動産購入】1LDKに家族3人で暮らすデメリットとは?

上記のようなメリットがある一方で、理解しておかなくてはならないデメリットもいくつかあります。
たとえば、遠方にいる両親や友人が遊びに来たとしても、部屋数が足りず泊まってもらうことが難しいため、ホテルや旅館の予約が必要になります。
また、ベビー服やおもちゃなど、子どもが生まれるとどうしても物が増えてしまいがちです。
1LDKの収納スペースでは収まりきらなくなり、リビングや寝室に物が溢れてしまう可能性も少なくありません。
さらに、子どもが大きくなったときは子ども専用の部屋が必要になります。
いずれ引っ越しをしなくてはならない可能性が高く、新たに物件を探したり売買契約の手続きをしたりと、たくさんの労力を使うことになるでしょう。

まとめ

1LDKに家族3人で暮らすメリットは、家族一緒に過ごす時間が増え、コミュニケーションを取りやすくなることです。
一方で、収納スペースが足りなくなるなど、無視できないデメリットもいくつかあります。
子どもの将来のことを考えながら譲れない条件を明確にし、家族3人全員が快適に過ごせる物件を選びましょう。
RENOLAZEでは、東京都内の中古マンションを多数ご紹介しております。
購入した中古マンションのリノベーション依頼も承っておりますので、ぜひご相談ください。
住まいをお探しの方はこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

≪ 前へ|不動産を購入するなら知っておきたい!カーテンの種類や費用相場を解説   記事一覧   ラーメン構造って一体なに?不動産購入するなら知っておきたいメリットとは|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

  • 売却
  • スタッフ紹介
  • リノレイズについて
  • 売る
  • 買う
  • お客様の声
  • 周辺施設検索
  • アクセスマップ
  • お問い合わせ
  • 会社概要

    会社概要
    株式会社RENOLAZE
    • 〒160-0004
    • 東京都新宿区四谷4丁目28-20
      パレ・エテルネル 403
    • TEL/03-6820-9188
    • FAX/03-6820-9189
    • 東京都知事 (2) 第97725号
  • モバイルサイト
  • SSL

    本ページは、SSL技術によって暗号化し、入力情報を保護しています。

トップへ戻る

  • LINEで簡単お問合せ