東京の仲介手数料半額・仲介手数料無料の物件情報 > 株式会社RENOLAZEのブログ記事一覧 > 不動産購入前に知っておくべき「道路斜線制限」とその緩和

不動産購入前に知っておくべき「道路斜線制限」とその緩和

≪ 前へ|土地購入時に住宅ローンを使うには?利用方法や注意点を解説!   記事一覧   不動産購入後に取得するべき「住宅用家屋証明申請書」とは?|次へ ≫

不動産購入前に知っておくべき「道路斜線制限」とその緩和

不動産購入前に知っておくべき「道路斜線制限」とその緩和

建物の建築は、建築基準法でさまざまに規制されています。
規制について知らないまま土地を購入すると、いざ家を建てる段階になって思っていたような設計の家が建てられずに落胆するかもしれません。
今回は、不動産を購入する前に知っておきたい「道路斜線制限」についてまとめました。

弊社へのお問い合わせはこちら

不動産購入前に知っておくべき「道路斜線制限」とはなにか

道路斜線制限は建築規制のうちの高さ制限のひとつで、道路とその両端に建設された建物の日当たりや風通しを守るために周辺の建物の高さを規定したものです。
道路幅を底辺として、敷地と道路の接点(A)から道路幅の1.25倍の高さを直角にとり頂点(B)とします。
建物は、敷地の反対側の土地と道路との接点(C)と頂点(B)を結んだ延長線上のなかに収まっていなければなりません。
道路斜線制限には適用距離が定められており、宅地の場合、(C)から20m以上35m以下の範囲内で決められています。
適用距離を30mとして考えてみましょう。
(C)を起点にして敷地側30mの地点を(D)とすると、高さ制限を受けるのは、(D)を垂直に延ばした線と(B)と(C)の延長線が交わるところまでです。
これより上は、垂直に建築ができます。

不動産購入前に知っておくべき道路斜線制限が緩和される例

道路斜線制限がある土地では、屋根を傾斜させるのではなく建物を道路の境界から後退させて建築することがあります。
これはセットバックのひとつですが、道路幅を確保するためのセットバックと違い、セットバック部分に塀や門、車庫などを設置することが可能です。
この場合、後退させた距離分が向かいの道路幅にプラスされて制限が緩和されます。
ポイントは、セットバックした距離が敷地内だけでなく道路の反対側にもプラスされる点です。
もし、道路の向こうが広場・公園・川などであれば、境界線は広場・公園・川の向こう側とみなされます。
そのため、対象の道路幅が広くなり、高さ制限が緩和されるのです。
また、2面を道路に囲まれた角地の場合も制限が緩和されます。
この場合、狭い道路側が緩和の対象です。
広い道路側から見て、広い道路幅の2倍の距離分(上限35m)を高さとした面積を(A)とします。
狭い道路側は、道路の中心から10m後退したところからの面積を(B)とします。
敷地全体から(A)と(B)を除いた部分が、制限から除外されるのです。

まとめ

建物は立地によって、複合的に建築制限を受ける可能性があります。
道路斜線制限についての知識は、不動産を購入するかどうかの判断指標のひとつです。
マンションは高層階の形状を見れば建築制限を受けているかどうかわかりますが、新築する場合はどのような建物が建てられるか専門家に確認して決めるとよいでしょう。
私たちRENOLAZEは、東京都内でマンション売却を承っております。
売却をご希望の際は、ぜひお問い合わせください。
弊社へのお問い合わせはこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

≪ 前へ|土地購入時に住宅ローンを使うには?利用方法や注意点を解説!   記事一覧   不動産購入後に取得するべき「住宅用家屋証明申請書」とは?|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

  • 売却
  • スタッフ紹介
  • リノレイズについて
  • 売る
  • 買う
  • お客様の声
  • 周辺施設検索
  • アクセスマップ
  • お問い合わせ
  • KEIAIサイトへ
  • 会社概要

    会社概要
    株式会社RENOLAZE
    • 〒160-0004
    • 東京都新宿区四谷4丁目28-20
      パレ・エテルネル 403
    • TEL/03-6820-9188
    • FAX/03-6820-9189
    • 東京都知事 (2) 第97725号
  • モバイルサイト
  • SSL

    本ページは、SSL技術によって暗号化し、入力情報を保護しています。

トップへ戻る

  • LINEで簡単お問合せ