東京の仲介手数料半額・仲介手数料無料の物件情報 > 株式会社RENOLAZEのブログ記事一覧 > 親族間でマンションを売却する方法とは?流れや注意点について解説

親族間でマンションを売却する方法とは?流れや注意点について解説

≪ 前へ|不動産売却で心理的瑕疵がある場合の注意点について解説   記事一覧   マンション売却時にかかる登記費用についてご紹介|次へ ≫

親族間でマンションを売却する方法とは?流れや注意点について解説

親族間でマンションを売却する方法とは?流れや注意点について解説

マンションを売却しようと考えたとき、親族間でも取引ができることを知っていますか?
親子間でマンションの売却をおこなうことで得られるメリットはありますが、その一方で注意が必要な点もいくつかあります。
そこで、今回は親子間売買とは何か、親子間売買の流れ、さらには親子間売買における注意点を解説していきます。
ぜひ最後までお読みください。

弊社へのお問い合わせはこちら

マンションを親族に売却する親子間売買とは何か?

親子間売買とは、文字どおり、親と子の間で不動産の売買契約をおこなうことです。
贈与という無償での引き渡しの形を取ることもできますが、税金面などを考慮すると、売却という形を取ることが一般的です。

また、一般的な不動産売買との違いは、仲介業者が必要ない点です。
一般的な不動産売買であれば、トラブルなどが起きる可能性があるので仲介業者をとおしてのやりとりになります。
ただ、親子間売買であれば、トラブルが起きる可能性は低いので、仲介業者に頼む必要がなく、その分の仲介手数料は取られないことになります。

マンションを親族に売却する親子間売買の流れとは?

親子間売買には4つのステップがあります。
まずは、法務局で登記簿謄本の取得をします。
売買契約書に記す土地の詳細が、登記簿謄本に書かれているものと同じにするためです。
次に、売買価格を決めます。
相場を確認し、相場に近い価格で売買をおこなうことが望ましいと言えます。
続いて、売買契約書を作成し、契約を結びます。
そして、決済と同時に登記手続きをすることで、一連の流れは終わりになります。

親族間でマンション売却をおこなう際の注意点とは?

親族間でマンション売却をおこなう際の注意点は2つあります。

1つ目は、「みなし贈与」とされてしまうことです。
売買価格を決める際に、相場よりも明らかに安く取引をしてしまうと、「みなし贈与」とみなされてしまう可能性があります。
「みなし贈与」とみなされてしまうと、贈与税がかかってしまい、税負担が増えてしまいます。
厳密な基準はありませんが、司法書士や税理士に確認を取ることをおすすめします。

2つ目は、住宅ローンが通りにくいことです。
親族間売買では、通常よりも住宅ローンの審査は厳しくなっています。
さらに、融資が断られると、後々の取引に大きな影響を及ぼす可能性があります。

まとめ

今回は、親族間でマンションを売却する流れや注意点について解説しました。
親族間でマンションを売却することには、少なからずメリットがあります。
しかし、注意点を把握しておかないと、無駄な出費が発生したり今後の生活に影響が出たりするので注意が必要です。
RENOLAZEでは、東京都内の中古マンションを多数ご紹介しております。
購入した中古マンションのリノベーション依頼も承っておりますので、ぜひご相談ください。
弊社へのお問い合わせはこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら


≪ 前へ|不動産売却で心理的瑕疵がある場合の注意点について解説   記事一覧   マンション売却時にかかる登記費用についてご紹介|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

  • 売却
  • スタッフ紹介
  • リノレイズについて
  • 売る
  • 買う
  • お客様の声
  • 周辺施設検索
  • アクセスマップ
  • お問い合わせ
  • 会社概要

    会社概要
    株式会社RENOLAZE
    • 〒160-0004
    • 東京都新宿区四谷4丁目28-20
      パレ・エテルネル 403
    • TEL/03-6820-9188
    • FAX/03-6820-9189
    • 東京都知事 (2) 第97725号
  • モバイルサイト
  • いえらぶ不動産転職
  • SSL

    本ページは、SSL技術によって暗号化し、入力情報を保護しています。

トップへ戻る

  • LINEで簡単お問合せ