東京の仲介手数料半額・仲介手数料無料の物件情報 > 株式会社RENOLAZEのブログ記事一覧 > 中古物件をフルリノベーションするメリットや費用をご紹介

中古物件をフルリノベーションするメリットや費用をご紹介

≪ 前へ|法人や個人が不動産売却をおこなう際の税金とは?計算方法や節税対策を解説   記事一覧   空き家をリフォームやリノベーションするメリットや費用をご紹介|次へ ≫

中古物件をフルリノベーションするメリットや費用をご紹介

中古物件をフルリノベーションするメリットや費用をご紹介

中古物件の人気が高くなって久しいですが、それはリノベーション人気の高まりと関係しています。
リノベーションという言葉そのものはどんどん浸透してきていますが、今回はそのなかでも「フルリノベーション」について、メリットやかかる費用をご紹介したいと思います。

弊社へのお問い合わせはこちら

中古物件のフルリノベーションとはなにか

リノベーションという言葉は知っていても、リフォームとの違いを明確に答えられる方は少ないのではないでしょうか。
リフォームは劣化した設備や建物を新築同様の状態に戻すことを言いますが、リノベーションは物件そのものに手を加え、中古である現在の状態よりも付加価値の高い物件にすることを言います。
さらに、フルリノベーションとは、建物を一度スケルトン状態(骨組みのみの状態)にして大幅な改修をおこなうことを言います。
そのため、フルリノベーションは、スケルトンリノベーションと呼ばれる場合もあります。

中古物件をフルリノベーションするメリット

一旦スケルトンの状態にして、新築同様に生まれ変わることには、さまざまメリットがあります。
まずは、固定資産税額を抑えられることです。
固定資産税は新築時が高く、その後築年数に応じて下がっていきますが、リノベーションでは築年数はリセットされないため税額を抑えられます。
また、骨組みの状態から作っていくことから間取りの変更も可能なため、将来を見据えた造り方ができることは魅力でしょう。
さらに、改修時に耐震補強をすることも可能であり、これからの生活に備えて安心を手に入れられるのもメリットです。
古い建物は現在の耐震基準を満たしていない場合もあるため、中古物件でも安心して住めるのは嬉しいですね。

中古物件をフルリノベーションするのにかかる費用

最後に、スケルトン状態からのリノベーションにかかる費用をご紹介します。
かかる費用は元の状態や床面積などによって異なりますが、マンションでは多くの場合、700〜1,000万円程度かかると言われています。
また一戸建てではもう少し高くなり、1,000〜1,500万円が相場です。
これに耐震補強や配管設備の変更などをおこなうと、さらにかかることになります。
また、改修期間は半年程度かかることを想定し、仮住まいが長くなることも考慮しておきましょう。

まとめ

フルリノベーションとは、中古物件を骨組み状態にして改修をおこなうことを意味します。
固定資産税を抑えることができ、費用はかかるものの耐震補強をおこなうことも可能です。
マイホームの購入を検討されている方は、ぜひその選択肢に加えられてはいかがでしょうか。
RENOLAZEでは、東京都内の中古マンションを多数ご紹介しております。
購入した中古マンションのリノベーション依頼も承っておりますので、ぜひご相談ください。
弊社へのお問い合わせはこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら


≪ 前へ|法人や個人が不動産売却をおこなう際の税金とは?計算方法や節税対策を解説   記事一覧   空き家をリフォームやリノベーションするメリットや費用をご紹介|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

  • 売却
  • スタッフ紹介
  • リノレイズについて
  • 売る
  • 買う
  • お客様の声
  • 周辺施設検索
  • アクセスマップ
  • お問い合わせ
  • 会社概要

    会社概要
    株式会社RENOLAZE
    • 〒160-0004
    • 東京都新宿区四谷4丁目28-20
      パレ・エテルネル 403
    • TEL/03-6820-9188
    • FAX/03-6820-9189
    • 東京都知事 (2) 第97725号
  • モバイルサイト
  • いえらぶ不動産転職
  • SSL

    本ページは、SSL技術によって暗号化し、入力情報を保護しています。

トップへ戻る

  • LINEで簡単お問合せ