東京の仲介手数料半額・無料の物件情報 > 株式会社RENOLAZEのブログ記事一覧 > 家の売却時に本籍の変更は必要?理由や手続き方法をご紹介

家の売却時に本籍の変更は必要?理由や手続き方法をご紹介

≪ 前へ|不動産の売却時におこなわれる確定測量とは?   記事一覧   不動産を売却する際に造成が必要な土地とは?|次へ ≫

家の売却時に本籍の変更は必要?理由や手続き方法をご紹介

家の売却時に本籍の変更は必要?理由や手続き方法をご紹介

家を売却した際に「本籍は変更したほうが良いの?」と疑問に思うことがあるでしょう。
結論から述べると、本籍は変更しても変更しなくても問題はありません。
しかし、本籍を変更することで、後々の手続きがスムーズになる場合があります。
今回は、家の売却時に本籍を変更した方が良い理由と、本籍を変更する手続きについてご紹介します。

弊社へのお問い合わせはこちら

家の売却時に本籍を変更した方が良い理由

まずは、本籍についてご説明します。
本籍とは、親族関係、血縁関係が記録された「戸籍」がある場所です。
本籍は、住所とは全く関係なく、国内であればどこに設定しても問題ありません。
ですので、自分の本籍地に他人が家を建てたり、持っていたりしても何も問題はないのです。
では「手続きが必要な本籍の変更はしなくても良いのではないか」と思う方もいらっしゃるでしょう。
確かに、家を売却し、本籍のあるその土地に他人が住んでも問題はありません。
ですが、住所より遠くに本籍を置いたままにすれば、戸籍の取得が大変になる場合があります。
戸籍の管理は、本籍地の管轄をしている市区町村なので、戸籍が必要になった場合に、取りに行ったり、送ってもらったりしなくてはなりません。
たとえば、大阪の家を売却し、東京に引っ越したとしましょう。
本籍は変更せずに、大阪のままです。
大阪に本籍があると、戸籍が必要になった際は、東京ではなく、大阪まで戸籍を取りに行かなくてはなりません。
上記の理由により、家の売却時には本籍を変更した方が良いです。
戸籍が必要になる場面は多岐にわたります。

●相続の手続きをするとき
●保険金の請求をするとき
●パスポートの申請をするとき
●年金の請求をするとき


本籍を住所から遠くに置いておくメリットはとくにないので、家を売却した際は変更した方が良いでしょう。

本籍の変更に必要な手続きと必要書類

本籍の変更は、比較的簡単に手続きができます。
以下の場所で手続きが可能です。

●本籍のある市区町村
●変更後の本籍がある市区町村
●住民票のある市区町村


本籍の変更は、お住まいの市区町村でも手続きができます。
必要な書類は以下のとおりです。

●戸籍謄本
●転籍届
●本人確認書類
●印鑑


必要書類も比較的容易に手に入るので、家を売却した際は本籍の変更手続きをおこないましょう。

まとめ

家を売却した際は本籍の変更をする義務はありません。
しかし、本籍を変更しておけば、戸籍の取得が容易になります。
変更をしたい方は、お住まいの市区町村で手続きができます。
私たちRENOLAZEでは、東京都を中心としたエリアで中古マンションを多数ご紹介しています。
マンション購入をご検討中の方は、ぜひ弊社へお問い合わせください。
弊社へのお問い合わせはこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら


≪ 前へ|不動産の売却時におこなわれる確定測量とは?   記事一覧   不動産を売却する際に造成が必要な土地とは?|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

  • 売却
  • スタッフ紹介
  • リノレイズについて
  • 売る
  • 買う
  • お客様の声
  • 周辺施設検索
  • アクセスマップ
  • お問い合わせ
  • 会社概要

    会社概要
    株式会社RENOLAZE
    • 〒160-0004
    • 東京都新宿区四谷4丁目28-20
      パレ・エテルネル 403
    • TEL/03-6820-9188
    • FAX/03-6820-9189
    • 東京都知事 (2) 第97725号
  • モバイルサイト
  • いえらぶ不動産転職
  • SSL

    本ページは、SSL技術によって暗号化し、
    入力情報を保護しています。

トップへ戻る

  • LINEで簡単お問合せ