東京の仲介手数料半額・無料の物件情報 > 株式会社RENOLAZEのブログ記事一覧 > 不動産を売却する際に造成が必要な土地とは?

不動産を売却する際に造成が必要な土地とは?

≪ 前へ|家の売却時に本籍の変更は必要?理由や手続き方法をご紹介   記事一覧   不動産売却時の表示登記とは?必要なタイミングや費用についてご紹介|次へ ≫

不動産を売却する際に造成が必要な土地とは?

不動産を売却する際に造成が必要な土地とは?

不動産の売却を考えているが、崖や傾斜のある土地の場合に売れるかどうか心配になってしまうものです。
しかし、土地を造成すれば建物を建てることができる状態になるので、問題なく売ることができます。
今回は、造成の方法や土地の資産価値がどう変化するかなどをご説明します。

弊社へのお問い合わせはこちら

不動産を売却するときの造成とは?

土地というのは、宅地や更地であれば人気もあり必然的に価値が高まりますが、崖や傾斜のある土地はあまり人気がありません。
そんなときは、土地を更地にして価値を高めるという方法があります。

造成と整地の違いとは?

造成とは、盛土や切土により地形を変えることです。
整地とは、不動産を取り壊して土地をならすことです。

土地の相場を理解することが重要

不動産を売却するには、土地の相場を理解しておく必要があります。
造成の費用は立地条件などに左右されますので、まずは相場を確認して無料の査定などをしてみましょう。

不動産売却時の造成による資産価値への影響とは?

基本的に崖や傾斜のある土地は、造成をすることで利用しやすくなるため、資産価値も上がり売却しやすくなります。
造成工事をせずに売却をすると、不動産を探している買い主に良い印象を持ってもらえない可能性があります。
ですから、できるだけ造成をおこなってからの売却がおすすめです。
次に、造成の規制や法律についてご説明します。
造成は専門業者に依頼をしておこなう工事になりますので、個人的にできるものではありません。

規制について

造成は「都市計画法」と「宅地造成等規制法」により、区域ごとに規制されているので「許可」を得なければ工事をおこなうことができません。
区域によって規制の内容が異なりますので、該当する区域の情報を確認しましょう。

都道府県知事等からの許可が必要

造成をおこなうには、都道府県知事等に許可申請をする必要がありますが、専門的な知識がないと難しいので、専門業者に依頼をすることがほとんどです。

買い主が限定的になる可能性がある

造成を必要とする不動産は、造成をしたからといっても買い主が限られる可能性があります。
だからといって、崖や傾斜があるままで売り出すよりは、造成をしたほうが良い影響が出ますが、その費用と効果がどのくらいなのかを見極めましょう。

まとめ

使いづらい土地を管理する方法が分からないという方は多いですが、そのまま放置しておくのは、やはり良くありません。
まずは、土地の相場をチェックして、造成をすることで良い結果になるかを考えて、不動産の今後の管理について検討をしてみましょう。
私たちRENOLAZEは、東京都内でマンション売却を承っております。
売却をご希望の際は、ぜひお問い合わせください。
弊社へのお問い合わせはこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら


≪ 前へ|家の売却時に本籍の変更は必要?理由や手続き方法をご紹介   記事一覧   不動産売却時の表示登記とは?必要なタイミングや費用についてご紹介|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

  • 売却
  • スタッフ紹介
  • リノレイズについて
  • 売る
  • 買う
  • お客様の声
  • 周辺施設検索
  • アクセスマップ
  • お問い合わせ
  • 会社概要

    会社概要
    株式会社RENOLAZE
    • 〒160-0004
    • 東京都新宿区四谷4丁目28-20
      パレ・エテルネル 403
    • TEL/03-6820-9188
    • FAX/03-6820-9189
    • 東京都知事 (2) 第97725号
  • モバイルサイト
  • いえらぶ不動産転職
  • SSL

    本ページは、SSL技術によって暗号化し、
    入力情報を保護しています。

トップへ戻る

  • LINEで簡単お問合せ