東京の仲介手数料半額・無料の物件情報 > 株式会社RENOLAZEのブログ記事一覧 > 不動産売却時に求められる物件資料とは?書類の必要性もご紹介!

不動産売却時に求められる物件資料とは?書類の必要性もご紹介!

≪ 前へ|不動産の任意売却を親子間でおこなうことについてご紹介   記事一覧   不動産売却時のチラシの効果やアピールポイントとは?広告の規制も解説!|次へ ≫

不動産売却時に求められる物件資料とは?書類の必要性もご紹介!

不動産売却時に求められる物件資料とは?書類の必要性もご紹介!

不動産売却にあたり、売主はさまざまな物件資料を用意するのが通例です。
しかしどのような書類が求められるのか、そもそも物件資料は不動産売却に必要なものなのか、気になるところではないでしょうか。
そこで今回は、物件資料とはどのようなものか、不動産売却にそもそも必要なのかについてそれぞれご紹介します。

弊社へのお問い合わせはこちら

不動産売却時に求められる物件資料とはどのようなもの?

不動産売却時に求められる物件資料とは、これから売り出す建物や土地の情報が載っている書類のことです。
たとえば、これから売り出す物件を購入したときに渡されたパンフレットは、主な物件資料のひとつです。
マンションを手放したい場合、管理規約や建物に関する説明書などもよく求められます。
いずれの書類も、査定にて適正価格を算出したり、買主にどのような物件なのかを案内したりするのに役立つのです。
インスペクションの結果報告書など、物件の価値を高める書類も用意できたほうが不動産売却をおこないやすくなります。
インスペクションは専門家がおこなう建物の調査のことであり、近年では物件を手放す前によく実施されています。
調査結果が載っている書類を物件資料として用意できれば、瑕疵の有無や建物の状態がわかりやすくなり、何もないときに比べて不動産売却を有利に進められるのです。
物件の状態を示す書類には、土地の品質や状態を示す地盤調査報告書なども挙げられます。
ほかにも不動産売却時に求められる物件資料は多々あるため、時間のあるうちに少しずつ準備を進めていくと良いでしょう。

不動産売却に物件資料は必要なの?

不動産売却時に求められる物件資料には、用意が必須ではないものもよく見られます。
たとえば前述のパンフレットは任意の準備物であり、手元になくても物件の売却は可能です。
しかし売り出している建物や土地がどのような不動産なのかは見た目ですぐにわかるものではなく、物件資料がないと良し悪しや品質を判断できません。
ゆえに物件資料が一式揃っている不動産のほうが売りやすいので、一般的に求められる書類は査定を受ける前までにできるだけ用意しておくことをおすすめします。
物件資料があればどのような不動産なのかを明示でき、たとえ中古物件でも買主に安心感を与えられます。
なお、用意した物件資料によって多少の瑕疵や傷みが明示されるとしても、各書類があったほうが良いことに変わりはありません。
物件資料によって瑕疵や傷みなどを事前に把握できたほうが、不安要素が減って売れやすくなる可能性もあります。

まとめ

不動産売却時には、パンフレットやインスペクションに関する書類などさまざまなものが物件資料として求められます。
すべての用意が必須ではないものの、一式揃っていたほうが不動産売却を有利に進められるので、できる限り準備してみてください。
RENOLAZEでは、東京都内の中古マンションを多数ご紹介しております。
購入した中古マンションのリノベーション依頼も承っておりますので、ぜひご相談ください。
弊社へのお問い合わせはこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら


≪ 前へ|不動産の任意売却を親子間でおこなうことについてご紹介   記事一覧   不動産売却時のチラシの効果やアピールポイントとは?広告の規制も解説!|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

  • 売却
  • スタッフ紹介
  • リノレイズについて
  • 売る
  • 買う
  • お客様の声
  • 周辺施設検索
  • アクセスマップ
  • お問い合わせ
  • 会社概要

    会社概要
    株式会社RENOLAZE
    • 〒160-0004
    • 東京都新宿区四谷4丁目28-20
      パレ・エテルネル 403
    • TEL/03-6820-9188
    • FAX/03-6820-9189
    • 東京都知事 (2) 第97725号
  • モバイルサイト
  • いえらぶ不動産転職
  • SSL

    本ページは、SSL技術によって暗号化し、
    入力情報を保護しています。

トップへ戻る

  • LINEで簡単お問合せ