東京の仲介手数料半額・無料の物件情報 > 株式会社RENOLAZEのブログ記事一覧 > 不動産を任意売却する際の引っ越し代についてご紹介

不動産を任意売却する際の引っ越し代についてご紹介

≪ 前へ|高度地区の不動産を売却することについてご紹介   記事一覧   相続対策や債務整理などの資金整理のための不動産売却について解説!|次へ ≫

不動産を任意売却する際の引っ越し代についてご紹介

不動産を任意売却する際の引っ越し代についてご紹介

不動産は、住宅ローンを滞納するなどしていると競売にかけられて、家を売られてしまいます。
しかし、任意売却にすることで、競売より良い条件でマイホームを売却できるなど、メリットがたくさんあります。
今回は、任意売却をすることになったら引っ越し代はかかるのか、もらえるとしたらどんなケースに当たるのかをご紹介します。

弊社へのお問い合わせはこちら

不動産の任意売却ではなく競売では引っ越し代はもらえない

住宅ローンを滞納するなどして競売にかけられる場合、収益を重視する不動産会社が転売を目当てに買い手となる場合が多いでしょう。
したがって、競売での引っ越し代は出せないと言われても不思議ではありません。
引っ越し代だけでなく、他にかかる諸費用も捻出はできないと言われることが多いです。
ですから、たとえ住宅ローンを滞納してしまったとしても、競売で売却するよりは任意売却にまで持っていくほうがメリットが大きいでしょう。
任意売却なら、市場価値と近い価格で家を売却してもらえるというメリットもあるのでこれだけでもかなり待遇が違います。

不動産の任意売却で引っ越し代がもらえるケース

任意売却で引っ越し代が出るケースは、ほとんどが不動産会社の善意によるものです。
ですから、任意売却であれば絶対に引っ越し代を出してもらえるとは思わないほうが良いでしょう。
本来、住宅ローンを回収する側の債権者にとっては、引っ越し代を出している場合ではないのです。
ただ、住宅ローンが払えないほど困窮していることを理解してのことなので、債権者も善意で引っ越し代を出すケースがあるということです。
不動産が高く売れるケースでも、引っ越し代が回収できるほどであればその代金も出してくれることがあるでしょう。
家そのものに欠陥がなく新しい築浅物件だったり、周辺環境が良く、高い値段でも買ってくれる方がいそうな場合は期待できるかもしれません。
しかし、やはり絶対引っ越し代まで出してくれるとは限らないため、あくまで債権者の善意からなるものだという意識は持たなくてはならないでしょう。
出してくれるのであれば、しっかり感謝の意を伝えましょう。

まとめ

競売であれば、引っ越し代は出ません。
任意売却であっても本来は引っ越し代は支払われないものですが、相手の善意によって払われるケースもあります。
住宅ローンを滞納するほどの困窮状態であることを思ってのことであったり、高く売れる物件だからと譲歩してくれたりするからです。
ありがたく受け取り、しっかり感謝の意を伝えましょう。
RENOLAZEでは、東京都内の中古マンションを多数ご紹介しております。
購入した中古マンションのリノベーション依頼も承っておりますので、ぜひご相談ください。
弊社へのお問い合わせはこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら


≪ 前へ|高度地区の不動産を売却することについてご紹介   記事一覧   相続対策や債務整理などの資金整理のための不動産売却について解説!|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

  • 売却
  • スタッフ紹介
  • リノレイズについて
  • 売る
  • 買う
  • お客様の声
  • 周辺施設検索
  • アクセスマップ
  • お問い合わせ
  • 会社概要

    会社概要
    株式会社RENOLAZE
    • 〒160-0004
    • 東京都新宿区四谷4丁目28-20
      パレ・エテルネル 403
    • TEL/03-6820-9188
    • FAX/03-6820-9189
    • 東京都知事 (2) 第97725号
  • モバイルサイト
  • いえらぶ不動産転職
  • SSL

    本ページは、SSL技術によって暗号化し、
    入力情報を保護しています。

トップへ戻る

  • LINEで簡単お問合せ