【TOP】東京リノベーションマンション情報 > 株式会社RENOLAZEのブログ記事一覧 > 中古マンションを購入する際にかかる諸費用

中古マンションを購入する際にかかる諸費用

≪ 前へ|東京都内で中古マンションを購入した方の体験談⑩   記事一覧   東京都内で中古マンションを購入した方の体験談⑪|次へ ≫

中古マンションを購入する際にかかる諸費用




中古マンションを購入するときは、物件価格だけでなく、その他にも費用がかかります。


「こんなに費用がかかるなんて予想していなかった!」と慌てることがないよう、中古マンション購入時にどんな費用がかかるのか知っておきましょう。


売買契約時に支払う費用



・印紙税
中古マンションの購入時には売主と『不動産売買契約』を交わし、金銭消費貸借契約書(ローン契約書)を作成します。
このとき、契約書に収入印紙を貼りつけて納税する必要があります。
印紙の金額は売買金額によって異なります。

(例)
1,000万円超~5,000万円以下…1万5,000円
5,000万円超~1億円以下…4万5,000円   など

※印紙税の金額については、国税庁のHP(//www.nta.go.jp/shiraberu/zeiho-kaishaku/shitsugi/inshi/08/10.htm)から詳細に確認できます。


・仲介手数料
仲介業者を介して中古マンションを購入する場合、仲介手数料がかかります。

業者により、契約時に半額を払い、決済時に残り半額を払うケースと、決済時に全額払うケースがあります。
事前に仲介業者に確認しておきましょう。


・手付金
物件によりますが、物件価格の一部の金額を契約時に払わなければならない物件もあります。
これも仲介業者に事前に確認しておきましょう。




物件引渡し時に支払う費用



・登記費用、司法書士報酬
所有権の移転登記、登録免許税など。
登記をしてくれた司法書士さんにも代行費用として司法書士報酬を支払います。

・固定資産税、管理費
自分が所有する以降の分を日割りもしくは月割りで払う必要があります。

・物件価格の残金
手付金を払っている場合、物件価格の残金を引渡し時に払います。



ローン関連


住宅ローンを契約する場合は金融機関と『金銭消費貸借契約(ローン契約)』を結ぶことになります。
この時も、金銭消費貸借契約書に決まった金額の印紙を貼付けます。

(例)
100万円超~…2,000円
500万円超~…1万円
1,000万円超~…2万円
5,000万円超~1億円以下…6万円


そのほかに、

・ローン事務手数料
・ローン保証料
・団体信用生命保険料
・各種保険料

などがかかります。業者によって異なるので、これも事前に確認
しておきましょう。 
  

引渡し後にかかる費用



・リフォーム費用&印紙代
各種リフォーム費用のほかに、リフォームをする場合には施工会社と『建設工事請負契約』を別途結ぶことになり、それぞれの契約書にも印紙が必要です。


・不動産取得税
建物や土地を所有するとかかる税金です。半年~1年半後に納税通知書が送られてきます。




まとめると、中古マンションの主な諸費用の概要は、

・税金(印紙税、登記費用、不動産所得税、消費税など)
・手数料(仲介手数料、司法書士報酬など)
・各種保険料(火災保険、地震保険など)
・ローン関連(事務手数料、保証料など)
・清算金(固定資産税、管理費など)

です。


中古マンション購入の諸費用には、物件価格の10%程度かかると言われています。
物件により変わりますが、ひとつの目安として考えておきましょう。


≪ 前へ|東京都内で中古マンションを購入した方の体験談⑩   記事一覧   東京都内で中古マンションを購入した方の体験談⑪|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

  • 売却
  • スタッフ紹介
  • リノベーション事例・プラン
  • リノレイズについて
  • 売る
  • 買う
  • お客様の声
  • 周辺施設検索
  • アクセスマップ
  • お問い合わせ
  • KEIAIサイトへ
  • 会社概要

    会社概要
    株式会社RENOLAZE
    • 〒160-0004
    • 東京都新宿区四谷4丁目28-20
      パレ・エテルネル 403
    • TEL/03-6820-9188
    • FAX/03-6820-9189
    • 東京都知事 (2) 第97725号
  • モバイルサイト
  • SSL

    本ページは、SSL技術によって暗号化し、入力情報を保護しています。

トップへ戻る

  • LINEで簡単お問合せ