【TOP】東京リノベーションマンション情報 > 株式会社RENOLAZEのブログ記事一覧 > 中古マンションをリフォームする前に押さえておきたい2ポイント

中古マンションをリフォームする前に押さえておきたい2ポイント

≪ 前へ|お風呂場のリフォームで注目されている最新家電とは?   記事一覧   予算や条件に合う中古マンション探し。どんな風に探したら良い?|次へ ≫

中古マンションをリフォームする前に押さえておきたい2ポイント

皆さんが中古マンションを購入してリフォームをするなら、どんな設計やデザインの住まいにしたいですか?

元は和室とリビングで分かれていたスペースをひと続きにし、広いLDKに変えたり、L字型やセパレート型など、作業スペースの広いキッチンに変更したりと、夢が広がりますね。

そんな中古マンションのリフォームについて、いくつかのチェックポイントをご紹介します。


設計図


効率良く物件探しと施工を進められるワンストップ型を選ぼう


過去に何度かご紹介していますが、中古マンションを購入後にリフォームを行う場合は、

 

①物件探し

②売買契約・住宅ローン契約&決済

③リフォーム設計打ち合わせ

④施工開始

⑤施工完了&引き渡し

 

と、大まかに分けると上記のような流れとなっています。

RENOLAZEでは、中古マンション探しから施工までを一貫して行うワンストップ型を採用しているため、物件探しの段階からリフォームを見据えた相談も可能です。

中古マンション探しとリフォームのご相談を効率良く進めたい方に、おすすめの方法です。


新しくする物と使い回す物を決める


リフォーム後のキッチン


リフォームの設計やデザインについて打ち合わせを行う時は、あれもこれも新しくしてきれいにしたいとワクワクする方もいらっしゃるかもしれません。

しかし、全て新しい物にするとなると、その分施工費用も膨らむため、気付いたら予算オーバーとなってしまうことも。

 

そのため、全てを新しくするのではなく、施工前の設備や素材で使える物は引き続き使用すると、その分の費用を浮かせることができます。

例えば、キッチンのシンクはそのまま再利用し、シンク周辺のコンロや食器棚をリニューアルしてみたり、LDKの壁をお子さんの落書き用キャンバスにしてみたり…。

設計やデザインによっては、寧ろ使い古した素材の方が味が出て、施工後の中古マンションに合うケースもありますよ。


RENOLAZEでも、過去に行った施工事例をご紹介していますので、「我が家はどんな設計やデザインの家にしよう…」と悩んだら、ぜひ参考にしてみてください。


まとめ


完成後のマイホームに期待が膨らむ分、色々迷うことも多いのが中古マンションのリフォームです。

どうしてもこだわりたい部分や使いたい設備・素材と、多少予算を削っても良い部分を明確にして予算配分を調整することで、より理想的なマイホームの完成となるはずです。

 

私たちRENOLAZEでは、皆様が理想とする中古マンション探しから、キッチンやLDKなど部分的な変更から家全体のリノベーションまで、ご相談を承っております。

リフォーム向き中古マンション探しや、デザイン設計・施工に関するご相談は、当社までお寄せください。
≪ 前へ|お風呂場のリフォームで注目されている最新家電とは?   記事一覧   予算や条件に合う中古マンション探し。どんな風に探したら良い?|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

  • 売却
  • スタッフ紹介
  • リノベーション事例・プラン
  • リノレイズについて
  • 売る
  • 買う
  • お客様の声
  • 周辺施設検索
  • アクセスマップ
  • お問い合わせ
  • KEIAIサイトへ
  • 会社概要

    会社概要
    株式会社RENOLAZE
    • 〒160-0004
    • 東京都新宿区四谷4丁目28-20
      パレ・エテルネル 403
    • TEL/03-6820-9188
    • FAX/03-6820-9189
    • 東京都知事 (2) 第97725号
  • モバイルサイト
  • SSL

    本ページは、SSL技術によって暗号化し、入力情報を保護しています。

トップへ戻る

  • LINEで簡単お問合せ