東京の仲介手数料半額・仲介手数料無料の中古マンション情報 > 株式会社RENOLAZEのブログ記事一覧 > リノベーションに合った家具選びで好みの住空間を演出しよう

リノベーションに合った家具選びで好みの住空間を演出しよう

≪ 前へ|知らなかった!住宅ローン契約不可で物件を買えない条件とは   記事一覧   漆喰で味のあるリノベーションへ。そのメリット・デメリットは?|次へ ≫

リノベーションに合った家具選びで好みの住空間を演出しよう

中古マンションのリノベーションを機に、インテリアを新調するならどんなものを選びますか?

インテリアショップや通販サイトを見ていると、素敵な家具がたくさんあって目移りしてしまうという方もいらっしゃるでしょう。

マイホームのインテリア選びは、お店や通販で選ぶのも楽しいですが、思い切って内装工事で取り付けてもらう方法はいかがでしょうか。


内装に合うインテリアを選べる造作家具とシステム家具


テレビ台


リノベーションを機にインテリアを取り付ける方法としては、造作家具とシステム家具の2通りの方法があります。

以下に、それぞれの家具の特徴やメリットをまとめました。

 

造作家具

 

・壁や柱などに直接取り付ける家具のことで、完全オーダーメイド方式。

・室内の内装全体とのバランスを考えながらデザインするため、ミリ単位まで調整しやすく、ちょっとした隙間も有効活用しやすい。

・本棚やクローゼット・テレビボードなどの大型家具の場合、天井まで固定させるため、地震の時に倒れる心配がない。

 

システム家具

 

・あらかじめ作られたパーツを組み合わせて完成させる家具で、セミオーダー方式。

・パーツを組み合わせるだけなので、造作家具よりも比較的リーズナブル。

・他の内装とテイストを合わせたり、敢えて異なるカラーや素材を使ってアクセントを出したりと、オリジナリティを出しやすい。

 

リノベーションの家具選びをされる方で、造作家具とシステム家具のどちらにしようか迷われる方は、上記の違いを参考にしてみてください。


家具選び前に確認すべきこと


コンセント


造作家具・システム家具ともに、内装のリノベーションに合わせて選ぶことができますが、選ぶ前にはいくつか確認すべきことがあります。

 

家具を置きたい場所のサイズを測る

 

最初の確認事項は、置き場所のサイズです。

いくら素敵なデザインのインテリアでも、サイズが合わず本来設置したかった場所におけないようでは本末転倒となってしまいますよね。

特にシステム家具の場合は、造作家具ほどサイズの微調整ができないので、慎重に測りましょう。

 

コンセントやドアの位置の確認

 

2つ目は、コンセントやドアの位置の確認です。

例えば、本棚を置きたいと考えていた場所がドアの開閉を妨げていたり、テレビや電子レンジなどの家電を置くための棚の場所とコンセントの位置が合わないようであれば、これも意味がありません。

また、コンセントは必要な家電を全て挿すことができるかどうか、容量は足りているかどうかチェックすることも大切です。

 

デザインが良くても使い勝手の悪い家具選びとならないよう、事前にしっかり確認しましょう。


まとめ


内装と一緒にインテリアをデザインすることは、既製品を購入して設置すること以上にご家族の好みや使いやすさを反映しやすいため、オリジナリティのある家造りが可能です。

家具選びも含めたリノベーションのご相談や、中古マンション探しのご相談は、RENOLAZEまでぜひお寄せください。

≪ 前へ|知らなかった!住宅ローン契約不可で物件を買えない条件とは   記事一覧   漆喰で味のあるリノベーションへ。そのメリット・デメリットは?|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

  • 売却
  • スタッフ紹介
  • リノベーション事例・プラン
  • リノレイズについて
  • 売る
  • 買う
  • お客様の声
  • 周辺施設検索
  • アクセスマップ
  • お問い合わせ
  • KEIAIサイトへ
  • 会社概要

    会社概要
    株式会社RENOLAZE
    • 〒160-0004
    • 東京都新宿区四谷4丁目28-20
      パレ・エテルネル 403
    • TEL/03-6820-9188
    • FAX/03-6820-9189
    • 東京都知事 (2) 第97725号
  • モバイルサイト
  • SSL

    本ページは、SSL技術によって暗号化し、入力情報を保護しています。

トップへ戻る

  • LINEで簡単お問合せ