東京中古マンション情報 > 株式会社RENOLAZEのブログ記事一覧 > マンションを売却時の『魅せ方』を工夫するホームステージング

マンションを売却時の『魅せ方』を工夫するホームステージング

≪ 前へ|夢のマンション購入における資金計画はどう立てる?   記事一覧   物件のリノベーションは建物の中だけでなく『外』にも注目|次へ ≫

マンションを売却時の『魅せ方』を工夫するホームステージング

もし、皆さんが今お住まいのマンションを売却するとしたら、内見の際のインテリアはどのようにしますか?

居住中であれば現状のままで、退去済であれば全ての家具や家電を運び出してガランとした空間をお見せするという方が多いでしょう。

しかし、中古マンションの売却でも『ホームステージング』を行うことで、その後の交渉がスムーズに行くパターンもあるのです。


ホームステージングとは?


モデルルームのインテリア


ホームステージングとは、中古マンションや一戸建てなど、中古物件を売り出す際に行うインテリアの演出方法で、アメリカではポピュラーな売り出しスタイルです。

冒頭でも触れたように、日本で中古マンションや一戸建てを売却する場合、居住中の空間をそのまま見せるか、何もない空間を見せるかのどちらかが一般的です。

 

一方、日本より中古住宅市場が活発なアメリカでは、マイホームの売り出しにも工夫を凝らしており、その一環としてホームステージングを行うのが主流となっています。

その理由としては、普段の暮らしと同じ内装では生活感が出過ぎてしまう心配があること、反対に何もない空間では、殺風景すぎて購入後の暮らしのイメージが湧かない心配があるため。

そこで、モデルルームのように家具を配置することで、生活感が出過ぎず購入後の暮らしをイメージしやすくなる点が、ホームステージングの魅力なのです。


実際、アメリカにはホームステージングを専門とする会社やプロも多く、この工夫の有無で家の売れ方が変わるそう。

それだけ中古住宅において、『内装の魅せ方』にひと手間かけることが、重要なポイントであることが解りますね。


ホームステージングの行い方


観葉植物


では、中古マンション売却時にホームステージングを行う場合、具体的にはどのように演出したら良いのでしょうか。

 

マンションの内装演出に欠かせないアイテムは、ダイニングテーブル・ソファ・ベッド・カーテンといった面積の大きな家具から、観葉植物や照明などの小さなインテリアまで多数あります。

演出する場所は、玄関から寝室・バスルーム・トイレと家中全てのスペースを使うこともあれば、リビングだけ・キッチンだけなど、一部分のみを使うこともあります。


ホームステージングを行うといっても、むやみに家具やインテリアを配置しても意味がありません。

まずはどんな雰囲気の家を演出したいか考え、それに合う家具やインテリアを配置することで、購入意欲が湧きやすい空間を作りだすことができるでしょう。


まとめ


日本ではまだ馴染みが少ないホームステージングですが、こうしたひと手間を加えるだけで、マンションの印象がぐっと変わります。

今後マンション売却を検討中の方は、ぜひ実施してみてはいかがでしょうか。

中古マンション売却に関するご相談は、RENOLAZEが承ります。
≪ 前へ|夢のマンション購入における資金計画はどう立てる?   記事一覧   物件のリノベーションは建物の中だけでなく『外』にも注目|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

  • 売却
  • スタッフ紹介
  • リノベーション事例・プラン
  • リノレイズについて
  • 売る
  • 買う
  • お客様の声
  • 周辺施設検索
  • アクセスマップ
  • お問い合わせ
  • KEIAIサイトへ
  • 会社概要

    会社概要
    株式会社RENOLAZE
    • 〒160-0004
    • 東京都新宿区四谷4丁目28-20
      パレ・エテルネル 403
    • TEL/03-6820-9188
    • FAX/03-6820-9189
    • 東京都知事 (2) 第97725号
  • モバイルサイト
  • SSL

    本ページは、SSL技術によって暗号化し、入力情報を保護しています。

トップへ戻る

  • LINEで簡単お問合せ