【TOP】東京リノベーションマンション情報 > 株式会社RENOLAZEのブログ記事一覧 > 中古マンションをリノベーションする際のおすすめポイントとは?

中古マンションをリノベーションする際のおすすめポイントとは?

≪ 前へ|リノベーション向き中古マンション購入でかかる税金の種類は?   記事一覧   リノベーション計画では間取りの変更方法や将来のことも考えよう|次へ ≫

中古マンションをリノベーションする際のおすすめポイントとは?

市場に出回っている中古マンションは、大きく分けると、リノベーション済とリノベーション向きの2つのタイプがあります。

この2つのマンションの違いは、既に施工が済んでいるか、それとも購入後に施工を行うかという点です。

そしてリノベーション向き中古マンションの購入を検討される方の場合、ある特徴が見られる傾向にあります。


中古マンションのリノベーションを検討される方の特徴


中古マンションの選択肢


中古マンションを購入後、リノベーションを行おうかどうしようか検討される方には、以下のような特徴が見られます。

 

・新築より低予算できれいなマイホームを手に入れたい方

・希望するエリアで新築マンションがない(またはあっても条件が合わない)

・既存の間取りや設備を変更したい方

 

いずれの特徴で共通するのは、『新築が欲しいけど、新築では納得のいく物件が見つからない』という点でしょう。

その点、中古マンションであれば、新築マンションより数が多い分、気になる点を施工すると、理想のマイホームを手に入れやすくなる可能性が高まります。

そうした理由から、中古マンションのリノベーションを検討される方が多いようです。


中古マンションをリノベーションする時のポイントは?


リノベーション中の中古マンション


さて、先程は中古マンションのリノベーションを検討される方の特徴について挙げましたが、今度は実際に施工する場合のおすすめポイントをご紹介します。

 

まず、新築より低予算できれいなマイホームを手に入れたい方の場合、どの部分をメインに工事するのかを明確に決めましょう。

いくらきれいな設備や内装が良いといっても、全てを新しくするとその分コストが増え、かえって予算オーバーしてしまうこともあります。

そのため、新しくするところと、既存のものを引き続き利用するところをはっきり決めることで、予算内で納得のいくマイホームを実現しやすくなりますよ。

 

そして、既存の間取りや設備を変更したい方は、マンションの管理規約や構造・配管の埋め方など、施工方法がどこまで制限されるかと確認することも大切です。

また、間取り変更によって部屋を増設したりする場合、元の部屋や増設した部屋の日当たりが悪くならないかどうか考慮することも忘れないでください。

日当たりが悪いお部屋は、室内環境や人の健康にも悪影響を与えてしまうので、設計段階でプロとじっくり相談することをおすすめします。

 

関連記事:リノベーションで子ども部屋作り。その際に注意すべき3点とは


まとめ


中古マンションのリノベーションは、ただ単純に「理想のマイホームに変更したい」という気持ちだけで行うべきことではありません。

ポイントを踏まえたリノベーションを行うことで、その後の生活がどう変わるのか、どのくらい住みやすい家となるかまでしっかり考えて、その上で実行に移すことをおすすめします。

 

中古マンションのリノベーションに関するご相談は、RENOLAZEまでぜひお寄せください。
≪ 前へ|リノベーション向き中古マンション購入でかかる税金の種類は?   記事一覧   リノベーション計画では間取りの変更方法や将来のことも考えよう|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

  • 売却
  • スタッフ紹介
  • リノベーション事例・プラン
  • リノレイズについて
  • 売る
  • 買う
  • お客様の声
  • 周辺施設検索
  • アクセスマップ
  • お問い合わせ
  • KEIAIサイトへ
  • 会社概要

    会社概要
    株式会社RENOLAZE
    • 〒160-0004
    • 東京都新宿区四谷4丁目28-20
      パレ・エテルネル 403
    • TEL/03-6820-9188
    • FAX/03-6820-9189
    • 東京都知事 (2) 第97725号
  • モバイルサイト
  • SSL

    本ページは、SSL技術によって暗号化し、入力情報を保護しています。

トップへ戻る

  • LINEで簡単お問合せ