【TOP】東京リノベーションマンション情報 > 株式会社RENOLAZEのブログ記事一覧 > 省エネを意識したパッシブハウスのリノベーションはいかが?

省エネを意識したパッシブハウスのリノベーションはいかが?

≪ 前へ|不動産売却にかかる期間はどのくらい?計画はどのように立てる?   記事一覧   築年数が古いリノベ済物件の寿命や耐用年数はどの程度持つ?|次へ ≫

省エネを意識したパッシブハウスのリノベーションはいかが?

昨今、省エネを追求した暮らしをご希望される方や、それを叶える住まいの開発が進んでいますね。

最近では、IT技術を取り入れたスマートハウスという新しいタイプの省エネ住宅も誕生し、リノベーションをする際にも、環境にやさしい住まいを求める方が増えてきました。

そんな省エネ住宅の中で今注目され始めているのが、パッシブハウスです。


パッシブハウスとはどんな家?


パッシブハウスにリノベーションした家


パッシブハウスとは、建物の断熱性や気密性を高め、冷暖房稼働時に使用するエネルギーを極力抑えることを目的とした家のことです。

パッシブハウスの発祥は、1990年代初頭のドイツで、その後パッシブハウス研究所という専門施設も完成しました。

 

パッシブハウスの特徴は、とにかくエネルギーカットを徹底した造りとなっていること。

そのため、リノベーションで比較的人気のある床暖房は使われません。

また、パッシブハウスと名乗れるのは、先述のドイツの研究所が定めた厳しい基準をクリアした建物だけです。

例えば、使用する断熱材の厚みは最低30cmだったり、窓は三重ガラス+断熱材を使用したサッシを採用するなどの条件があります。


これらの条件に則した建材を利用してリノベーションをする場合、通常のリノベーションと比較すると、やはり建築コストが高くなってしまいます。

しかし、完成後は使用エネルギーにかかるランニングコストの削減効果が期待されるため、環境だけでなく家計にやさしい住まいを実現できるでしょう。


スマートハウスとの違いは?


スマートハウス対応のマンション


冒頭で触れたスマートハウスも、環境に配慮した省エネ住宅の一種ですが、パッシブハウスとの違いは、エネルギーのコントロールをITで行う点です。

IT技術を駆使したスマートハウスは、機械によって自動で家中のエネルギーをコントロールするため、必要最小限の消費量で済ませることができます。

また、冷暖房機器も使用する点も異なります。

 

一方、パッシブハウスは機械式ではなく、家の造りや建材でエネルギーカットを行うため、冷暖房機器はほとんど使用しません。

それゆえ、スマートハウス以上に消費量を抑えやすいという違いがあります。

省エネ住宅へリノベーションを行う場合は、両者の違いをじっくり比較して検討してみてください。


まとめ


日本ではまだあまり馴染みがないパッシブハウスですが、一戸建てを中心に、少しずつ広まりつつあります。

いずれマンションのリノベーションでも、パッシブハウスを採用されるケースが増え、それが一般的と言える時代が来るかもしれません。

今後、環境に配慮した暮らしをご希望なら、パッシブハウスでのリノベーションも検討してみてはいかがでしょうか。

 

中古マンションのリノベーションに関するご相談は、私たちRENOLAZEにお任せください。
≪ 前へ|不動産売却にかかる期間はどのくらい?計画はどのように立てる?   記事一覧   築年数が古いリノベ済物件の寿命や耐用年数はどの程度持つ?|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

  • 売却
  • スタッフ紹介
  • リノベーション事例・プラン
  • リノレイズについて
  • 売る
  • 買う
  • お客様の声
  • 周辺施設検索
  • アクセスマップ
  • お問い合わせ
  • KEIAIサイトへ
  • 会社概要

    会社概要
    株式会社RENOLAZE
    • 〒160-0004
    • 東京都新宿区四谷4丁目28-20
      パレ・エテルネル 403
    • TEL/03-6820-9188
    • FAX/03-6820-9189
    • 東京都知事 (2) 第97725号
  • モバイルサイト
  • SSL

    本ページは、SSL技術によって暗号化し、入力情報を保護しています。

トップへ戻る

  • LINEで簡単お問合せ