東京中古マンション情報 > 株式会社RENOLAZEのブログ記事一覧 > 住宅ローンの残債がある状態でマンション売却はできる?

住宅ローンの残債がある状態でマンション売却はできる?

≪ 前へ|ファミリーのマンション選び。間取りや各部屋の確認点は?   記事一覧   「最近使いづらくなったな…」トイレのリフォームの目安は何年?|次へ ≫

住宅ローンの残債がある状態でマンション売却はできる?

マンションを購入すると、その後は住宅ローンの完済に向けて返済を行いますね。

ですが、返済中にご家族のライフスタイルに変化があった時や、経済的な理由など、マンションを売却して新しい住まいへ住み替えるケースも珍しくありません。


ただ、その時に心配されるのが


「ローンの支払いが残ったままで、本当に住み替えることができるのか」


という点でしょう。


今回は、住宅ローンの残債がある場合のマンション売却について考えてみましょう。


残債があってもマンション売却は可能


OK


結論から申しますと、住宅ローンの残債があってもマンション売却は可能です。

残債があるマンション売却のパターンとしては、大きく分けると買い替えと任意売却の2つがあります。

まず、買い替える場合のマンション売却についてのポイントをご説明しましょう。

 

住宅ローンの残債があってマイホームを買い替える場合は、買い替えローンを利用するケースが一般的です。

買い替えローンとは、マンション売却時の残債分を、新たに購入するマイホームの住宅ローンに上乗せする方法です。


この方法を利用すると、前に所有していたマンションの残債と、新しいマイホームのローンをまとめて支払うことができるため、別々に返済する手間がかかりません。

 

ただし、この方法を利用する場合は当然借入額も多くなるため、本当にきちんと返済できるかどうか、慎重に検討する必要があります。

また、金融機関の審査も厳しくなるため、審査を通らなければ買い替えは無理だということにも注意しましょう。


任意売却を利用したマンション売却とローン残債返済のポイント


ポイント


続いて、任意売却を利用してマンション売却を行うケースのポイントをご説明しましょう。

 

任意売却とは、家を売った代金をローン残債の返済に充てる方法で、売却金で残債を完済できるか、もしくは売却金+分割払いで完済できる場合に有効です。


分割払いの金額は、どの程度であれば無理なく毎月きちんと返済できるのか、借入先の金融機関と相談しながら決めることができます。

ただし、任意売却は金融機関の同意がなければ利用できないため、任意売却を希望される方全員に適用できると限りませんので、その点にご注意ください。


まとめ


今回ご紹介したように、住宅ローンの残債は帳消しになることがありません。

そのため、残債がある状態でマンション売却を行う場合は、買い替えローンの利用か任意売却のどちらかを選択して、完済する必要があります。

 

RENOLAZEでは、ローン残債があるマンション売却に関するご相談も承っております。

「ローンが残っているけれど、うちのマンションは売れるかな?」

と悩まれている方は、ぜひ当社までご相談ください。

≪ 前へ|ファミリーのマンション選び。間取りや各部屋の確認点は?   記事一覧   「最近使いづらくなったな…」トイレのリフォームの目安は何年?|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

  • 売却
  • スタッフ紹介
  • リノベーション事例・プラン
  • リノレイズについて
  • 売る
  • 買う
  • お客様の声
  • 周辺施設検索
  • アクセスマップ
  • お問い合わせ
  • KEIAIサイトへ
  • 会社概要

    会社概要
    株式会社RENOLAZE
    • 〒160-0004
    • 東京都新宿区四谷4丁目28-20
      パレ・エテルネル 403
    • TEL/03-6820-9188
    • FAX/03-6820-9189
    • 東京都知事 (2) 第97725号
  • モバイルサイト
  • SSL

    本ページは、SSL技術によって暗号化し、入力情報を保護しています。

トップへ戻る

  • LINEで簡単お問合せ